生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

それでも君はどこにでも行ける。堀江貴文氏は自分で考え行動することの素晴らしさを繰り返し訴えている。

 

f:id:kazura-kobayashi:20210103111606j:plain

それでも君はどこにでも行ける(堀江貴文著)

2020年「コロナ禍」世界は閉じた。

 本書は、「そんな今だからこそ届たい!」

 

世界は「閉じた」が「閉じ込められた」わけではない

僕たちは情報と技術、豊かな知恵と思考力を持っている。

 

宇宙飛行士 野口聡一さん

紀元前6世紀バベルの塔

今でも人類は宇宙を目指す。

人は常に手に届かぬ「高み」を目指すものなのだろう。

 

東京大学 海部陽介教授

旧石器時代

台湾~与那国島

実験航海成功。

「古代人がなぜ日本列島へ移住してきたのか。ネガティブな理由もありうるが、ただ新しいものが見たくて出るという動機があったんじゃないか」

 

頭の中の国境を消すために

 

自粛に負けず、思考を止めず