生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

眠っている間に人工透析する。体の負担も減り仕事との両立も可能になる。

https://medipress-dialysis.s3.amazonaws.com/system/uploads/article_image/image/0/329/main_D_F_112.jpg

 

オーバーナイト透析

血液透析は腎代替療法のひとつですが、現在、一般的に行われている週3回・1回4時間の透析スケジュールでは、十分に腎臓の働きの代わりをしているとはいえません。

そこで透析効率を上げる方法として、「長時間透析」があります。

例えば、週3回・1回8時間の透析で患者さんの予後がよくなることは、20年以上前から報告されています。

しかし、日中8時間の透析では、1日の生活時間のほとんどを透析に費やすことになり、非常に大きな時間的・肉体的制約が強いられます。

「十分な透析効率を得るために長時間透析をしたいが、仕事や学業、日々の日常生活も満足に過ごしたい」。

そんな患者さんの希望を満たす方法が、「夜間の睡眠時間を利用した長時間の血液透析=オーバーナイト血液透析(Nocturnal Hemodialysis:夜の血液透析)」です。

夜寝ている間に透析を行うことで、日中の生活への支障を避けることができます。

dialysis.medipress.jp

www.asahi.com