生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

生きる作業は「短歌を詠む」こと。難病を抱える女性の挑戦。延命よりも人生の満足度を求めて詠む。

f:id:kazura-kobayashi:20201213101736j:plain

短歌を生きがいに生きる作業②

 髄膜炎による脊髄損傷

 

虹の生まれるところ

病気の理不尽さに驚き、苦しみながらも、短歌と祈りによって、心の健やかさを取り戻す道筋が読み取れる。

 

 

 新型孤独ウィルス

「コロナとは孤独の病と見つけたり誰にも会えず死して焼かるる」

 

人の手の助けなければ生きられぬ生命(いのち)も「いのちの輝き」を持つ