生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

若年性認知症について知る。

 

 

はじめに

65歳未満で発症する若年性認知症 4万人近くいると言われています、

全国では もっと多くの人が、その家族である配偶者や子どもを含めれば 不安の中にいることになります

若年性認知症ハンドブック

平成24年度に作成した そのような人たちに安心していただくためのものです ご本人や家族から相談を受ける人に読んでいただきたい冊子です、今回は 話を聴いてあげてください.

 

不安を受け止め 、何ができるのか、

いま、何が必要か、いま いっしょに考えましょう 。

相談者の話をよく聴きましょう.

1 。相談者の置かれた状況を把握しましょう.

2 ~まだ受診していないかなど、認知症と診断されているか~ 。相談者の困りごとの内容を理解しましょう.

3 ~経済的なことで将来が心配など、心配なので受診したい~ このガイドブックに目を通しておいてくだ、相談を受ける方は予め.

 

 

 

 経済的に困ることになり、認知症になって職を失うと、本人や配偶者が現役世代なので  結婚などの子、就職、教育、親の病気が子どもに与える心理的影響も大きく、

人生設計が変わる場合もあります 。

介護負担がさらに大きくなります、本人や配偶者の親の介護が重なる場合には  身体的にも、配偶者も仕事が十分にできにくくなり、が配偶者に限られることが多いので 。経済的にも大きな負担を強いられることになります.

 

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/guidebook_1.pdf