生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

がん闘病。緩和ケア医師の闘病記の紹介。

 

 

f:id:kazura-kobayashi:20201203155243j:plain

緩和ケア医師の闘病記

がんになった緩和ケア医が語る「残り2年の生き方・考え方」

関本剛さん。

「がんになることが不幸ではない。死は必ずやってくるしそれまでは生きなければならない。幸せに最後を迎えるか否かは自分次第という思いに至った。」

「楽に長生きしよう。死ぬまで生きる。それだけだ。」

「つらいことばかり考えては生きていけない。そういうことはある程度忘れて、好きなもの、好きなことにある程度熱中する鈍感力も必要。」

 

 

緩和ケア医ががんになって

大橋洋平さん。

 

がんを生きる緩和ケア医が答える命の質問

「患者は当たり前に弱音を吐いていい」

 

がんで不安なあなたに読んでほしい