生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

がん患者の「キレイ」を支援すること。アピアランスケアの紹介と考察。

 

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/iryo_hoken/gan_portal/chiryou/apearancecare.images/hyousi.png

 

アピアランスについて

患者さんはがんの治療により、化学療法による脱毛や肌の変色、爪の変化、手術による傷、放射線治療による皮膚炎など、さまざまな外見の変化を体験することがあります。

私たち国立がん研究センター中央病院アピアランス支援センター(以下「当センター」という)では、このようながん治療に伴う外見の変化に対するケアを「アピアランスケア」といい、女性だけでなく男性から子供まで、外見の変化が気になる全ての患者さんの相談に病院の専門部門として対応してきました。

その内容も、広く、薬を使った治療的なケアから、ウイッグ(かつら)による脱毛のカバー、ヘアケアやメイクアップなど日常的な化粧品を使ったケア、さらには外見が変化することによって他の人達と今まで通りのつきあいができないのではないか?という悩みへの対応まで、含んでいます。

 

 

 

アピアランスケアの方法

Point:治療によって症状はさまざま、まずは医療者に相談しよう。 具体的なアピアランスケアの方法について説明していきます。ほとんどの場合、特別な製品を使ってケアする必要はなく、日常の生活通りか、あるいは少しだけ方法を変えるだけで、上手くいくことが多いものです。

 
 外見に変化が出てきた時は、自己流で対応する前に、まずは主治医か受診している病院の看護師さんに相談してみてください。

薬が処方されることもあります。気をつけなければならないのは、インターネット上の情報です。

様々な外見ケアの方法が流れており参考にする人が多いのですが、必ずしも正しい情報とは限りません。

がんの種類や治療方法、治療の経過により同じように見える状態でも対応が違う時もあり、ある人には良かったけれど、他の人には適さないという場合もあります。

 

www.fukushihokeあなたらしさを支えます 国立がん研究センター東病院レディースセンターn.metro.tokyo.lg.jp

 

レディースセンターの概要

レディースセンターでは女性がん患者さんの治療方針、ぞれぞれの背景や問題点を把握し、関連する診療科や多職種が有機的に連携を図ることを目的に、手術療法、薬物療法および放射線療法を提供する各診療科に加えて以下の業務を行うセクションを設置して対応をします。

下記の対応は通常の保険診療の範囲で実施されており、これらを女性がん患者さんに対し有機的に実施できる体制を構築したものです。

 

  1. 妊孕性相談・対応
  2. 小児、AYA世代を含む若年女性がん患者さんのサポート
  3. 社会的支援ならびにアピアランス相談・支援
  4. 遺伝カウンセリング
  5. リンパ浮腫を含むリハビリテーションの必要性の相談・評価と対応
  6. 薬物療法などの副作用に関する相談

レディースセンターでは、それぞれの女性がん患者さんに対応する女性看護外来の担当者を設置して、問診やアンケートなどから個々の患者さんが持つ疾患、背景の特徴と問題点の把握を行い、関連する診療科等と連携して、上記の相談や支援の必要性などを検討して適切に対応します。

また複数の対応が必要な場合も少なくないため、各セクション間の連携も強化するため、各セクションの担当者と女性看護外来の担当者が定期的に多職種カンファレンスを開催し、対応や連携を協議し、適切でスムーズな対応を進めていきます。

利用を希望される場合は主治医や担当看護師に申し出て頂くと、各診療科から女性看護外来へおつなぎします。

また、レディースセンター開設に合わせて東病院内に、『柏の葉サロン ~あなたらしさを支えます~』の名称で患者サロンも新装・開設し、カバーメイク教室、肌と爪のケア教室、薬教室、ピアサポーターズサロンなどを開催・実施します。これらのサービスや教室は無料(膵がん教室のみ、参加料100円の実費がかかります)で受けることが可能で、開催日などは東病院HP「患者教室のご案内」で事前にご確認ください。

なお、柏の葉サロンは男性も利用可能です。

 

www.ncc.go.jp