生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

「認知症の人と家族の会」が設立40周年!!

 

f:id:kazura-kobayashi:20201012142402j:plain

認知症の人と家族の会

認知症の人と家族の会

www.alzheimer.or.jp

家族の会」のホームページへ、ようこそ。

認知症になっても仲間がいる、介護でつらい思いをしているのは自分だけではないとの思いを力に、仲間や支援者とつながり、孤立することなく、認知症とともに生きること。これは、どんなに認知症に対する社会的理解や支援が進んでも、変わらぬ大切なこととして、「家族の会」が1980年の結成以来持ち続けてきた目標です。

私たちの活動は40年近い歩みの中、仲間の輪は全国に広がり、全都道府県に支部ができ、認知症本人や家族だけでなく、医療・介護の専門職の方や市民の方にも広く参加してもらっています。各支部では、「つどい」「会報」「電話相談」の3本柱の活動を進めるとともに、認知症への理解を広める啓発活動や行政への要望や提言も行っています。

さあ、みんなで力を合わせて、認知症でも安心して暮らせる社会をめざそうではありませんか。

公益社団法人 認知症の人と家族の会
代表理事 鈴木森夫

理念

認知症になったとしても、介護する側になったとしても、人としての尊厳が守られ日々の暮らしが安穏に続けられなければならない。
認知症の人と家族の会は、ともに励ましあい助けあって、人として実りある人生を送るとともに、認知症になっても安心して暮らせる社会の実現を希求する。