生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

離婚調停に行ってきました。蝶々八兆の議論をするのかと思ったら、調停委員さんとのやり取りのみだった。

 

人生初の(笑)、離婚調停第一回に参加してきました。

2020.10.6(火曜日)

 

妻が不倫したので、離婚調停を選択しました。

 

めんどくさいが仕方がない、と割り切って考える努力をしています。

 

それに伴って、妻は3日前から4人の子供をつれて家出してしまいました。

 

弁護士に相談して合法的だと言っていましたが、グレーゾーンです。

 

話題の「連れ去り」です。

 

ふざけんなよ!一人で出て行けと言ったんだ。

 

まずは、調停委員へ自分の言い分を説明。

その後、

 

 最高裁判所が公表している、子供への配慮をまとめた映像を見ました。(調停中)

子どもにとって望ましい話合いをしましょう

www.youtube.com

 

離婚をめぐる争いから子供を守る

www.youtube.com

 

そのあと、このビデオを見た感想を聞かれた。

何と答えたかたいていは忘れてしまったが、「言っていることはわかるが実践は難しい」と答えていた気がする。

 

こちらの主張

まずは謝れ。

子どもたちの環境が変わることはおかしい。

自分が出ていくから、自宅に帰ってくるべきだ。

不倫相手とこちらの交渉が決着し、そちらとの関係が切れていれば復縁してもよい。

 

 

妻の言い分

不貞行為はしていない。

離婚には応じる。

 

以上。

 

以上かよ。婚姻費用の話が出てこないがおかしいな?

調停委員もはっきりとは言わなかったが、次回は必ず出るだろう。