生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

セブン&アイHD名誉顧問 鈴木敏文(すずきとしふみ)さん  産経新聞「話の肖像画」より④~⑦

 

トーハン

《昭和31年4月、出版取次大手の東京出版販売(東販、現・トーハン)に入社した。最初の半年間は実地研修で、書店からの返品を出版社へ戻す返品係、本を仕入れに来た書店に対応する店売係を経験。半年後、設立間もない「出版科学研究所」への辞令が出た。出版業界の近代化を目指した調査研究機関だ》

 入社してから分かったのだが、その頃、出版界ほど遅れていた業界はなかった。例えば出版社は自分の会社でどのくらい本を発行しているか、部数を公表していなかった。出版各社はみんな、秘密にしていた。その一方で、東販は出版社と書店を結ぶ取次会社だから、各社から本が入ってきて書店に配本している。そうすると、部数は推定できる。例えば、東販が毎月、3千部扱うあの月刊誌は、他の出版取次を考慮すると、発行部数の30%程度になるだろうと推定できる。だから出版社が公表しなくても、部数は分かる。研究所ではそうした推計などで雑誌や書籍の移り変わりを調べて、出版業界の歴史を記していった。

 読者調査もした。ある婦人誌の読者に集まってもらって、どんな感想を持っているかを聞き取って報告書にまとめる。どんな読者がどのような出版物を求めているか、データを集めて分析する。新聞だと各社とも発行部数が公表されているでしょ。しかしかつての出版界は公表しなかった。だから分析結果を出版物にすると、出版社が欲しがる。

 《調査研究の精度を上げるため、研究所で統計学と心理学を学ぶことになった。自身は後に「データ主義の経営者」と呼ばれるようになるが、その原点がこの時期の勉強にあったという》

昼間は仕事をして、午後5時から毎日、会社で勉強会だった。先生方を会社が招聘(しょうへい)してくれて、慶応大医学部の先生から心理学、立教大経済学部の先生から統計学を学ぶ。研究所の立ち上げ時期だから、自分たちがやっていかないといけない。読者インタビューでは質問の仕方が大切で、回答を誘導しないように語りかけなければならず、そのためにも心理学の下地が必要。そして統計学によって学術的な調査を行うことができ、データの信頼性が高まる。これは後々、役に立ったな。

 

《研究所で3年を過ごした後、「弘報課」へ異動となった》

 弘報課での仕事は、隔週発行の読者向け無料広報誌「新刊ニュース」の編集。異動したばかりの頃はA5判で毎回5千部発行していた。書籍の販売促進のため、毎月出てくる新刊本の目録を中心に、それらの本の内容を簡単にまとめた解説も掲載していた。新刊本は毎日入るから、3、4人で、前日に入った本を斜め読みしながら記事を作った。

 地味な内容で、費用も東販と書店で折半していたから部数は増えない。それなら内容を面白くして有料化したらどうか、と思い立った。そして売れるよう、いろんな読み物が載っているようにした。著名人にインタビューをしたりしてね。サイズもA5判からB6判に変えた。1冊20円。そうしたらね、最終的には13万部になったわけよ。東販という看板があるからどんな人にも会えた。それが僕にとって大きな財産になった。

www.sankei.com

 

《出版取次大手の東京出版販売(東販、現・トーハン)の「弘報課」で、読者向け新刊書籍の広報誌「新刊ニュース」を担当。内容を刷新して無料から有料に切り替える改革を提案し、企画、取材執筆、編集など一手に引き受けた》

 新刊ニュースは読者が買う新刊本の宣伝雑誌でしょ。作家の人たちも自分の本を買ってもらえるということで、版元(出版社)さんにいえばどんな人にも会えた。丹羽文雄さん、井上靖さんとかね、お宅に伺ってお話を聞いて。必ず近刊書をいただいていたんだけど、みんなあげちゃった。

 印象深かったのは谷崎潤一郎さん。当時は誰も会えなかったのが、中央公論社に紹介してもらい、熱海のご自宅に行って、「先生、お願いします」と対談をお願いした。すると、「有馬稲子岡田茉莉子淡路恵子の誰かとなら対談するよ」との返事。調整したら、淡路さんの日程が合うということになり、谷崎さんと対談してもらった。東販では本当にいろんな人たちに会え、新刊ニュースは全国のPR誌コンテストで優勝を取ったこともある。その意味ではね、新刊ニュースを担当したことは財産になったよね。

 《知識人との交流が、その後の転機を導いた》

 評論家の先生ともお付き合いがあって、大宅壮一さんの弟子の人たちとも仲良くしていた。出版物の売り上げは伸びていた時期ではあったけど、弟子の人たちがこう言ったんだ。「これからは電波(テレビ)の時代だ」。それなら独立プロダクションを作ろうじゃないかと話が進んで、スポンサーを探すことになった。

 スポンサー探しにあたり、思い出したことがあった。その1年ほど前に漠然と転職を考えていて、友人に相談したことがあった。その友人から紹介されたのが当時のヨーカ堂で、紹介された手前、一度は会ってみようと東京都足立区の本社を訪ねたんだ。スポンサー企業を思いつかないでいた僕は、ヨーカ堂のことを思い出して再訪した。そこで独立プロの設立構想を話し、スポンサーになってほしいと打診したら、「どうせならうちに来て、(独立プロのスポンサー探しを)やったらどうか」と持ち掛けられたんだ。

そのころはヨーカ堂なんて、名前も知らないよ。5店舗しかなく、それも全部が東京の下町。「総合スーパー」なんて業態も知らなかった。流通の仕事にも関心がなかったが、独立プロという目標もあって転職を決意した。30歳のときのことだ。

 東販では組合書記長もやったりして仲間内では重宝がられていたから、辞めると言ったら猛反対された。26歳で結婚していて家内はどうこう言わなかったけど、親きょうだいは東販という名前が通った会社から、スーパーなんてよく分からないところに行くなんて、と反対された。でも、僕はね、独立プロのためにスポンサーを紹介してくれると思っていたからね。

 昭和38年9月12日、再訪から1カ月で入社した。すぐ上司に「独立プロのスポンサー探しはいつやれるのか」と聞いたら、「まだ将来のことだ」と即座に言われてね。そのとき人材がほしかっただけだと気づいたんだ。本当に失敗したと思った。悔しかった。でも入社しちゃっているし、散々反対され、そらみたことかと言われるのもしゃくに障る。また辞めるわけにいかないでしょう。だから入社日は印象に残っている。

www.sankei.com

 

総合スーパー、ヨーカ堂(後のイトーヨーカ堂

《昭和38年9月、周囲の反対を押し切り、中小企業だった総合スーパー、ヨーカ堂(後のイトーヨーカ堂)に転職した。前職で知り合った仲間とともにテレビ番組制作の独立プロダクションをつくり、スポンサー探しをすることが目的だったが、入社直後に「将来の話」と一蹴されてしまう》

 スーパーのことは何も知らない。そういうことは関係なしで、独立プロへのスポンサーを紹介してくれるということで入社しちゃった。まぁ、無鉄砲だったわけよ(笑)。

 ただ、ある企業で財務の仕事をしていた大学のゼミ仲間が、出入りしていた銀行にヨーカ堂のことを聞いたところ、「経営はしっかりしていて、将来のある会社だよ」とのこと。財務的にしっかりしている会社なら、いいじゃないか、と思った。小売業については、(接客している様子を見て)百貨店は女性が主にやるような仕事だとか、その程度しか自分では理解していなかった。

 《大正9年創業の洋品店「羊華堂」が原点となるヨーカ堂は昭和33年、セブン&アイ・ホールディングス名誉会長の伊藤雅俊氏が設立した。本部は当時、東京都台東区に移転していた》

 入社した当時のヨーカ堂は、旗艦店の千住店を含めて計5店舗で、従業員は500人、規模を大きくするぞ、と言い出して3年目だった。毎年、店を出すし、仕事は山ほどあった。

 前職の東京出版販売(東販、現・トーハン)の元上司が一緒に転職してきていた。販促を元上司とやるつもりだったけど、僕は納品をチェックする商品管理課係長。元上司は販促担当になったけど、「思っていた仕事と違う」と、さっさと辞めてしまった。そこで1カ月もしないうちに僕が販促担当になった。

 東販では各出版社が刊行した新刊本を紹介する「新刊ニュース」を担当し、編集の仕事をしていたから、チラシをつくるとか印刷の問題などに相当明るかった。活版(印刷所)はどこがいいとか、いろいろね。当時のヨーカ堂はチラシにものすごく高いコストをかけていたから、交渉して値下げさせたりとかね。ヨーカ堂としても、便利なのが入ってきたと思ったでしょう。仕事はたくさんあり、どんどん増えてくる。僕の性格だと、何でも自分で突破していきたいという欲が出てくるからね。

《入社3年目の40年、人事課長も兼務となった》

 ヨーカ堂は会社として小さく、人事部はあったけど人事課長はいなかった。人事は東販ではやっていなかったが、組合活動をやっていて書記長で退職した。ヨーカ堂の幹部は僕と同じくらいの年齢の人たちで、その経歴から「人事のこと、分かるだろう?」ということで人事課長をやってくれと。

 つまり、社長から辞令をもらったんじゃなくて、仲間から推されて人事課長になったということ。それから後も、広報課長を兼務したり。だから僕は、小売業に入っても、商品の仕入れや、スーパーの店頭に出て接客や販売という経験は一回もない。仕事は全部、スタッフ関係、対外関係、広報関係で、そんなことをずっとやってきた。入社する直前の昭和38年5月に開店した初代イトーヨーカドー小岩店

www.sankei.com

 

 

《前職の東京出版販売(現・トーハン)での組合活動の経験を買われ、転職したヨーカ堂では人事課長に就任。事業拡大で新入社員の確保が急務となった》

 店をどんどん出すには人を集めないといけない。1年間のうち4カ月から半年間くらいは地方の高校を訪問していた。北海道から九州、沖縄まで全国です。昭和40年ごろのことで、米国統治下だった沖縄にはパスポートを持って行っていましたよ。

 当時の社名は「株式会社ヨーカ堂」。社名を言っても知名度がないから、「ようかんを作ってる会社なんですか?」なんて言われる。それに、スーパーという業態も分からない。若い人には花形産業の自動車や家電メーカーが人気な頃です。

 だから、スーパーとは何かを分かってもらうため、大きなスライド機材を持参して、上映しながら説明した。仕事の内容に親しみをもってもらいたいので、入社後の仕事や寮生活などを紹介した後、入社1、2年の女子社員が自分の体験談を話したり。先生向けには卒業生の働きぶりを伝える資料も作った。

 《40年、社名は「ヨーカ堂」から「伊藤ヨーカ堂」に、店名は「イトー・ヨーカ堂」に変更された》

 店舗が増えるにつれ、「ヨーカ堂」の名前では取引先と顧客とのトラブルが起き始めた。もともとは洋品店だった「羊華堂」から、のれん分けで誕生した会社なので、ヨーカ堂という名前の会社は都内に他にも幾つかあるのが原因だった。

 採用でも、対応した先生方から「どこのヨーカ堂?」と聞かれたり、「ヨーカドーさんなら、もう来られましたよ」と言われたり。先生が履歴書を別の羊華堂に送って採用されてしまう事態も起きていた。

《拡大路線は拍車がかかり、43年は新卒採用の社員数は約700人。採用活動に幹部社員全員が関わる仕組みを導入して人材育成への理解を深めたり、社内資格制度を始めたりするなど独自の人事制度を整備した》

 

イトーヨーカ堂は45年には店舗数約20店、従業員数約2千人になっていて、労働団体から労働組合を設立したらと働きかけがあった。伊藤(雅俊)社長は経営者だから労組は絶対反対だった。それでも、僕は労組の経験があるし、労組の重要性を話して説得した。

 新卒の大量採用は続いていて、企業イメージを高めて活動を円滑に進めたいと考えた。いろんなことをやったが、その中の一つが作文コンクールだね。

 訪問した高校の先生方から、生徒の作文力が弱いという話を聞かされて、高校生を対象にした懸賞作文を思いついた。認知度の高い受験雑誌『蛍雪時代』とのタイアップなら、先生たちにも説明しやすい。出版元の旺文社に説得を重ねて協賛をいただき、45年から作文コンクールを始めた。副賞はハワイ研修旅行、優秀な人たちを10人くらい連れて行ったんですよ。

 《毎年の応募点数が1万点にも及んだこの作文コンクールには後日談がある》

 僕は平成17年から松下電器産業(現パナソニック)の経営諮問委員会でアドバイザーをやっていた。そこで同席した消費生活アドバイザーの松崎陽子さんから「高校時代にハワイ旅行へ連れて行ってもらいましたよ」と言われた。初回の受賞者だった。作文コンクールで受賞した高校生が大企業のアドバイザーにまでなったんだと感じ入ったね。

www.sankei.com