生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

【サウナ】「和温療法」について。循環器疾患に治療として適応できる。

 

f:id:kazura-kobayashi:20200803230534j:plain

「和温療法」公的医療保険が適応(一定の条件あり)

 和温療法について

「和温療法」は「和む・温もり」療法で、全身を気持ちよく温める治療法です。この治療法は1989年に慢性心不全に対する「温熱療法」として開発しましたが、癌に対する高熱を用いた局所治療と区別して、温熱療法の意味を正しく理解していただくために、2007年(平成19年)3月に「温熱療法」から「和温療法」に名称を変更致しました。その後、「和温療法」は国内外で広く認知されるようになりました。「和温」は造語で、英語訳は「Waon Therapy」です。

「和温療法」は名称の通り、極めて安全で副作用のない優しい治療法です。特に、様々な難治性疾患で苦しんでおられる方々や、骨関節障害・脳血管障害などを合併して運動ができない方に有用です。これらの方々は一般に心地良い発汗の機会はありません。「和温療法」はこれらの方々に爽快な発汗をもたらし、気分・食欲・睡眠・便通を是正し、鬱気分を軽減させます。西洋医学でも東洋医学でも一般に治療法は患者さんに痛みや我慢を強いることはごく普通ですが、治療そのものが心地よい「和温療法」は、患者さんの顔色を良くし、笑顔を取り戻す、まさに「和む・温もり」療法といえます。

「和温療法」は「室内を均等の60℃に設定した遠赤外線乾式サウナ治療室で全身を15分間温めて、サウナ出浴後さらに30分間の安静保温を追加して、最後に発汗に見合う水分を補給する治療法」です。60℃・15分間の乾式サウナ浴で深部体温は0.8 ℃ ~1.2 ℃ (平均1.0 ℃)上昇します。この約1.0 ℃の深部体温の上昇は安全で副作用はなく治療効果を発揮します。「和温療法」は全身の血管機能を改善し、動脈・静脈を拡張させて全身の血管抵抗を低下させ、心臓に対する前負荷・後負荷を軽減し、その結果、心拍出量は増加して全身の血液循環を促進します。

「和温療法」には血管内皮機能の改善と血管新生作用があります。これらの作用と密接な関係がある一酸化窒素(NO)やヒートショック蛋白(生体防御機能を発揮するストレス応答蛋白)の発現を著明に増強します。すなわち「和温療法」は抗動脈硬化作用を有し、全身への血流を増加させて、各臓器の細胞に必要な栄養(酸素)を供給します。その結果、「和温療法」の臨床応用は極めて多彩で、多くの難治性疾患の治療・予防に効果を発揮します。

「和温療法」を開発して25年、これまで様々な臨床研究や基礎研究を通じて多くの事実を明らかにしてきました。従来の治療(薬物療法など)に抵抗性の難治性疾患、例えば心臓移植の適応となるような重心不全のために退院できない難治性心不全、難治性潰瘍や疼痛で下肢切断の適応となる閉塞性動脈硬化症、原因不明の疲労で社会復帰ができない慢性疲労症候群、慢性疼痛や線維筋痛症などで長期間苦しんでおられる方々が、「和温療法」で驚くような回復を示した例をこれまで数多く経験してきました。薬物療法を含めたこれまで確立された様々な治療法に、「和温療法」を追加・組み合わせることで著明な治療効果が発揮されるのです。

医療の領域では臓器別診療が推進され、大学病院をはじめ総合病院はどこでも種々な臓器別診療科が開設され、診療は専門科ごとに行われています。これに対して、「和温療法」は臓器別治療法ではなく、全身の血管機能・血管新生を促進して、全身の血流を改善する治療法ですので、すべての臓器別診療科と連携できる治療法です。また、「和温療法」は中枢・末梢の自律神経や神経体液性因子(ホルモン活性)を是正し、自己免疫や生体防御機構を賦活化し、さらに心・精神を和ませ、心身をリフレッシュさせる全人的治療法です。従って、様々な難治性疾患に効果的だけでなく、それらの疾患の軽症な時から施行すれば各疾患の進行を抑制し、さらには原因疾患の予防や健康回復にも効果が期待できる治療法です。

「和温療法」は従来の治療法とは異なる革新的治療法です。日本は世界最長寿国で今後も超高齢化社会へ進むでしょう。高齢化社会で不可欠な医療は全人的医療です。国民のすべてが長生きして良かったと人生を閉じられる社会、人間としての人格を保ちながら人生の終焉を迎えられる社会は理想的です。そのような理想的な社会は「福寿社会」と呼べるでしょう。福寿社会の実現にはそれを支える「福寿医療」が必要です。平成24年7月、「第2次健康日本21」が提唱され、「健康長寿」は国策として推進されています。国民にとって健康長寿は大変すばらしいことですが、健康はいつか必ず損なわれて、「介護寿命」を経て人生は終わります。「介護寿命」を幸せに過ごしてこそ満足できる人生といえるでしょう。「和温療法」は健康寿命の促進だけでなく、介護寿命の充実にも貢献できます。介護の必要な高齢者や重症の病気の方々に「福音」をもたらす治療法で、まさに「福寿医療」ともいえます。

 すなわち、「和温療法」は安全で対費用効果に優れ、患者を和ませ爽快な発汗を促す優しい包括的治療法です。従来の、患者に苦痛や我慢を伴う治療法と異なります。「和温療法」が21世紀の新しい治療法として、一日も早く一人でも多くの患者とその家族にとって真の福音となることを信じています。

www.waon-therapy.com

 

和温療法の手順 

日本循環器学会の慢性心不全に対するガイドラインにクラスIとして掲載され、「高度先進医療」として承認された和温療法の手順です。 認証以外の手順および機器を使用した場合は、「和温療法」とは認められません。

体重計と血圧計の写真
1. 和温療法室入室前の準備

脱衣して体重を測定後、和温療法専用の病衣に着替えます。
・血圧
・心拍数
を測定します。


※体重計・血圧計に関しては特に指定はありません。
和温療法器
2. 和温療法器へ入室

専用の和温療法器に入室し、全身を15分間温めます。

和温療法器の室内は天井から足元までほぼ均等の60℃になるように設定されています。60℃・15分間の和温浴で深部体温は約1.0 ℃上昇します

※和温療法器内は和温療法器外と会話ができます。また、点滴や酸素吸入中のためのチューブをつけていても(管を通すための小孔が扉部分にあるため)、そのまま和温療法の実施が可能です。
安静保温
3. 安静保温

15分間の和温浴後に、ベッドまたはリクライニング椅子であおむけになり、60℃の和温療法器内で温めた毛布で全身を覆い、30分間の安静保温をします。
水分補給
4. 水分補給・測定

30分間の安静保温後、脱衣して汗をよく拭きとり、体重を測定して発汗量を計算します。

元の着衣に着替えてから発汗量に見合う水分を飲用(補給)します。

血圧・心拍数を最後に測定します。