生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

【うつ病】うつ病からの回復。うつ病の作業療法①

 

 

f:id:kazura-kobayashi:20200730144537j:plain

うつ病からの回復。うつ病作業療法

 東京大学病院精神神経科リカバリーセンター

当センターで実施しているリカバリープログラムは、薬物療法だけで改善しないうつ病うつ状態・不安症の方の回復を支援するリハビリテーションプログラムです。

精神神経科 リカバリーセンターとは

当院のリカバリーセンターでは、うつ病などで治療中の患者さんを対象に、心理療法身体活動の両面からアシストし、医学的な症状改善から実際の社会参加へ橋渡しする外来プログラム「リカバリープログラム」を行っています。

  • 自宅療養中に生活リズムが不規則になっていませんか?
  • 療養が長引き体力の衰えを心配されていませんか?
  • 仕事や学校に行けるようになりたいのに、何から始めたらよいか迷っていませんか?
  • 周囲に同じ悩みを抱える仲間がいなくて、心細く感じていませんか?

このプログラムでは、復職や復学などの目標設定を行い、利用者とスタッフが協働的に取り組みながら、心身の回復と成長を目指していきます。

担当スタッフ

精神科医臨床心理士作業療法士精神保健福祉士、ピアスタッフなどの多職種が担当します。

 

リカバリープログラムのご案内

対象者

気分障害、不安障害、適応障害などで、不安・うつ症状を主症状としている方
プログラムを通して、本人に目指したい目標(復職、就労、社会参加など)がある方
週3回、1回3時間のプログラムに参加することができる方
※定期的に抑うつの程度などを簡易検査にて客観的に評価し、症状改善や復帰に活かしていきます。

プログラムの概要

  • 【農作業】(月曜日・水曜日・木曜日)
    「東大病院で野菜を作る!」を合言葉に、開墾から作付け、収穫まで皆で相談しながら進めていきます。収穫した野菜は皆で試食します。
  • 身体活動】(月曜日・水曜日・木曜日)
    病院周辺のウォーキング、運動場でのスポーツ、屋内での卓球やフィットネスを通して体力の向上や気分の改善を図ります。各自のペースで無理なく参加いただけるプログラムです。体組成計を用い、定期的に体のバランスをチェックしていきます。
  • 心理療法
    集団認知行動療法(月曜日)
    問題や困難を維持させている考え方や行動のパターンに気付き、それを変容させる方法を学び、実践していきます。1週間ごとにアクションプランを計画して実践した後、プランと自身の行動を振り返りながら学んでいきます。

    マインドフルネス、ダイアログなど(木曜日)
    マインドフルネスは、〈いま・ここ〉での感覚・思考・感情への気づきを高める練習を通して柔軟な心を養います。日本でも注目度が高まっているトレーニングです。このトレーニングによって、心の制御力を高め、あるがままの感情を受入れ、自分が価値を置くものに従って行動できるようになることを目指します。ダイアログでは、自由な交流を主眼に置いたグループワークで、テーマを設定したメンバー同士の対話的交流を通して、自分の過去・現在・未来を見つめ直していきます。

週間スケジュール

週3回、月、水、木の午後に実施します

  • 【月曜午後】
    13:00  ミーティング
    13:15  農作業/身体活動
    14:30  集団認知行動療法
    16:00  終了
  • 【水曜午後】
    13:00  ミーティング
    13:15  農作業/身体活動/農作業についての調べもの、話し合いなど
    16:00  終了
  • 【木曜午後】
    13:00  ミーティング
    13:15  農作業/身体活動
    14:30  マインドフルネス/ダイアログ
    16:00  終了

利用料

ショートケア1回1040~1280円(3割負担の場合)
自立支援医療をご利用いただくと350円程度(1割負担の場合)でご利用いただけます。詳しくは当スタッフまでご相談ください。

利用期間

3~5か月を目安とし、最大1年まで利用できます。利用者個人のご希望や症状に合わせて適宜調整いたします。

利用終了後にむけて

ご希望や症状を踏まえた個別のリカバリープランを作成し、終了後の進路を話し合っていきます。

利用方法

東大病院精神神経科に通院中でない方もご利用が可能です。ご利用を希望される方は、まず見学していただく必要がありますので、主治医とご相談の上、月または木曜日の日中に東大病院代表(03-3815-5411)から精神科外来に電話しリカバリーセンターの見学を希望する旨を伝えてください。

 

www.h.u-tokyo.ac.jp

 

うつ病作業療法 

https://www.secretariat.ne.jp/jsmd/iinkai/katsudou/data/guideline_20181119.pdf#search='%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E7%99%82%E6%B3%95+%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85'

 

うつ病患者に対する作業療法の基本方針
1. 作業を通して心身の変化を実感する
2. 作業を通して自身の状態を客観的に捉えなおす
3. 作業を通して表現の手段と方法を練習する
4. 作業を通して自信を回復していく