生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

【メンタルヘルス】メンタルヘルスの見える化

 

 

f:id:kazura-kobayashi:20200724154146j:plain

IT 見える化

メンタル天気予報「コンケア」

 

コンケア

 

ストレスチェックでは難しい、
日々の気分変化をフォロー!
メンタル不調のきっかけを
いち早くつかみ、支援を届けます。

新発想のメンタルヘルスケアサービス「コンケア」は、
毎日のコンディション(気分)データから、
メンタル不調のきっかけを、いち早く分析・把握。
「いつもと違う」気分の変化を逃さずキャッチできます!

適切なタイミングで支援を届ける、予防特化型のメンタルヘルスケアサービス。それが「コンケア」です。

ストレスチェックでは難しい、日単位のコンディション変化をフォローすることで、
メンタル不調の重症化予防はもちろん、離職率低減、従業員満足度向上などにも実績を上げています。

離職率減

 

離職率50%減
などの実績あり

不調者減

 

メンタル不調者
をゼロにした
実績あり

ES向上

 

従業員満足
倍増の
実績あり

 

t-mental.co.jp

 

 

コンケアは、組織のコンディション「変化」に
気付きやすくするための「仕組み」です。

本音はわかりにくいですが、
変化なら、つかめる。
転職者の各種アンケートを見ても「本音と建前」が垣間見れます。人間関係、仕事、プライベート... 離職の理由は千差万別ですが、本音は、なかなか掴みきれないものです。コンケアの実証データでは「6 ヶ月前に兆候が顕在化する」ことが検証されています。
ある日突然「辞めます」と部下が行ってくる前に、コンケアで、気持ちの変化をつかんでください。
 
「意識」は変えにくいですが、
「仕組み」でなら変えられる
「意識に課題」「意識を変えよう」というキーワードがよく飛び交います。確かに意識に紐づく日々の行動は、組織の風土や規範、ひいては企業全体にも影響を与えます。ただ、それはは言うは易し行うは難し、永遠のテーマ。コンケアは日々の勤怠と連動した手間のかからないルーティーンの仕組み。まずは「意識を変えるための仕組み」の導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。
 
リアルタイムなコンディション
把握には、毎日、朝夕が最適です。
スタッフの気持ちは、日々、変化します。仕事での達成感や失敗、
プライベートの出来事も当然影響を与えます。その逐一を把握することは、到底不可能です。
ましてや月1 回、年1 回の確認では、手遅れになることも多いにあり得ます。
コンケアなら、朝夕の出退勤と連動し、負荷なく毎日のコンディションを蓄積・見える化
より早期に対応することを可能にします
気分を表すお天気マークを押すだけ。
シンプルだから続けられる。
 
続くからこそ、変化がわかる。
1
 
貯まる
勤怠システムと連動※。
出退勤時、その日の気分のマークを選んで押すだけ。
日課である出退勤行為と連動しているので、余計な手間を増やすことなく、日々の気分を蓄積できます。
もちろん、煩わしい質問に答える必要もありません。
2
 
見える
日々のコンディションデータをわかりやすく表示
日々蓄積されていくデータを、「コンディションログ」「コンディションマップ」など、管理者の見たいカタチで、多彩に、わかりやすく表示できます。
 
3
 
わかる
毎日、蓄積しているから、いち早く、変化をつかめる。
数万人のデータ解析の実績から、波形の「顕著な変化」はもちろん「わずかな変化」や「変化しない」場合でも、気分の把握ができるので、「いつもと違う」サインを、いち早く察知できます。年一回、月一回では、手遅れになる場合もあります。
4
 
応える
変化があった場合、登録者に、メールでサインを送付。
ケアを促します。
いつものコンディション傾向と違う従業員は、登録者へメールでサインが送られます。声がけなど、コミュニケーションをとることで早期改善が見込めます。

concare.co.jp

 

www.youtube.com

 

 

 

音声こころ分析サービス(日立システムズ)

www.youtube.com

 

音声こころ分析サービスとは

音声こころ分析サービスとは、「声」で心の健康状態を見える化するクラウドサービスです。

近年、生活習慣病やメンタル疾患の増加により、健康管理は社会的な課題となっています。うつ病などの気分障害(感情障害)の総患者数は約112万人(2015年12月厚生労働省発表)に達し、休職などによる経済的損失も生じています。
企業や団体においては、メンタル疾患の早期発見に努めていますが、自記式によるストレスチェックや問診・面談だけでは実態を見極めることが困難なケースも。本人の意図に左右されずに手軽に心の状態をチェックできる仕組みが求められています。音声こころ分析サービスは心の状態を見える化し、メンタル疾患の予防や早期発見を促します。

音声こころ分析サービスの流れ

音声こころ分析サービスの特長

「音声こころ分析サービス」お手軽クラウドサービス

お手軽クラウドサービス

スマートフォンや固定電話・携帯電話があれば、ご利用いただけます。専用機器を用意する必要はありません。※1

「音声こころ分析サービス」こころの状態を見える化

分析エンジン「MIMOSYS」※2が心の健康を見える化

日常発する音声を分析し、数値化することによって、本人でもわかりにくい心の状態を捉えます。

「音声こころ分析サービス」こころの不調の自覚と予防

"こころの不調"の自覚と予防(セルフメンテナンス効果)

自ら傾向を把握することにより、メンタル疾患に陥る前に自覚と予防を促します。

「音声こころ分析サービス」医学的根拠に基づいた客観的な分析結果

医学的根拠に基づいた客観的な分析結果

東大COI※3と東大音声病態分析学講座※4が医学的検証を行っています。

  • ※1 :ご要望に応じて専用機器での導入も可能(有償) 
  • ※2 :音声から脳神経状態や病態を分析する機器の開発や医療機器としての認定、普及をめざすPST株式会社が開発した音声未病分析技術(Mind Monitoring System)
  • ※3 :文部科学省が「10年後の日本がめざすべき姿」の実現に向けて支援する、東京大学「自分で守る健康社会」COI拠点(The Center of Innovation Program)。重点テーマのひとつとして「音声感情・病態分析による予防・未病イノベーション」を掲げ、産学連携で研究開発から社会実装し、国民一人ひとりが健康維持を“自分ごと化”していくことをめざしている。
  • ※4 :東京大学大学院医学系研究科 音声病態分析学講座

分析結果の表示方法

音声こころ分析サービスは、2つの指標で”こころの不調”の早期発見を促します。

音声こころ分析サービス
[拡大表示]

楽しい気分や嬉しい気分の場合は数値が上がり、寝不足や疲労などで体調が優れなかったり、つらいことがあったりすると下がります。元気圧は、その時々の状態によって数値が大きく変動します。
2週間前~現在のデータを基に心の状態を表します。横ばい傾向の時は、心の状態が安定しています。下降傾向にある場合は、心が弱ってきているので注意が必要です。

充実した管理機能

管理者が大勢の利用者をモニターする場合のサポート機能を搭載。条件に合致した利用者がいると、自動的にアラートを表示したり、情報をメールで送信することができます。

音声こころ分析サービス

「音声」の分析から、心の状態がわかる理由

音声こころ分析サービス

人がストレスを感じると、感情をつかさどる脳の大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)から体のさまざまな部位にシグナルが送られます。この大脳辺縁系と神経で直接つながっている声帯にも、自分ではコントロールできない変化(不随意反応)が現れます。例えば、リラックスした状態では声帯は緩んで声の周波数が低くなり、緊張した状態では固くなって周波数が高くなります。音声こころ分析サービスは、このような変化を解析して数値化し、心の状態を「見える化」します。また、言葉の違いに依存しないことが多くの言語で確認されています。

www.hitachi-systems.com

 

COCOLOLO(ココロ炉)

www.youtube.com

 

 
 
 
 

 

f:id:kazura-kobayashi:20200724154232j:plain

心の不調