生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

妻の不倫疑惑への対応。無料法律相談を受けてみて学んだこと。(備忘録)

2020年3月17日(火曜日)

行政主催の、弁護士による無料法律相談に行ってきた。

事前予約必要。

13時から16時までの、一件30分のお約束。

離婚問題。DV問題。雇用問題の3点いずれか限定の法律相談。

 

 

経緯の説明(ことの発端・あらまし)

時系列に、妻の不倫疑惑を説明した。

 

2020年3月7日(土曜日)

23時ころ、寝室にいる妻の携帯電話の会話を聞いた。(廊下と自分の寝室にて)

前日の6日(金曜日)から子供たちは私の実家に預けてあり、さらに6日は私も仕事でビジネスホテルに宿泊していた。

 

会話内容は、

「ギュってしてくれたよね」

「キュンってした」

「チュッてしてくれたよね」

「また今度してね」

「早く会いたい」

「今月はコロナウィルスの影響で休校、(子供たちの)スポーツも中止。休みいれちゃって会えないな。いやだなー、早く会いたい。早く来月にならないかなー」

 

以上、ここまでが第一話。

不倫を強く疑ったエピソード。

 

職場の人間だな!(心の声)

 

私の対応

3月8日(日曜日)から仲直りの申し出をした。

夫婦の会話や配慮が少なくなっていたからだ。

何より、証拠や情報が欲しかった。

今更ながら、妻は自分にとって大切な人であった。

くやしいけど。

 

妻は怪訝そうに対応している。

話は聞き入れてくれたようだ。

「会話ができる関係を目指そう」という。

 

3月12日(木曜日)妻の職場の駐車場に行く。

不倫相手の車はどれか?

見ているだけではわからないが、何となく2~3台にしぼれた(気がした)。

 

3月13日(金曜日)

夜は一緒に居酒屋へ行く。

今まで言葉が足りなかったこと、誤る勇気がなかったことなど話をした。

「会話ができる関係を目指す」は理解した様子。

 

ここで、痛恨のミス。

 

「浮気・不倫を心配している」と言ってしまった・・・。

 

 

妻の警戒レベルは間違いなくあがった。

スマホは片時も離さなくなった。

・合性番号などのロックがきつくなった。

・相変わらずコソコソとラインをしている。

子どもの前では堂々と。

私が行くと、すぐに画面を消す。(例外がない)。

・電話は今でも続いている。(2階寝室・塾送り迎えの車内)

 

しまった・・。証拠の確保が困難になった。

でも頑張ろう!

 

 

そして、3月17日(火曜日)に無料弁護士相談を利用した。

 

離婚に関わる無料弁護士相談

 ↑経緯の説明後、以下要約。

 

私:何をどうするべきかわからない。

 :自分の持てる選択肢が分からない。

 :証拠も持っていない。なかなか難しい。

 

弁護士さん:会話の記録(録音しておく)こと。

起こったことをメモ書きにしておくことも証拠につながる。

探偵を雇うと100万円単位の費用が掛かる。

社会的制裁は難しい。慎重になるべきだ。

ないところから慰謝料は取れない。ある程度相場が決まっているのはそういうこと。

親権は母親であることが圧倒的に多い。

弁護士も合う合わない、得手不得手ある。愛称は大切。といい、名刺をくださった。

 

感じのいいかたでした。

 

いざ交渉時は、豹変してくださるのでしょうか?

 

そこも含め、今後も交渉継続でしょうか。

 

結論

証拠がなければ始まらない。

証拠を獲得できるまでは、仲良く仲良くしていこうとあらためて考えなおしました。

 

 

追記

やはりこそこそ電話している。

3月15日(日曜日)19時ころ

同19日(19時半~20時半ころ)

かんべんしてくれ。

 

「大切な存在だ」と伝えた。

本人は「大丈夫」としか伝えない。どう考えているのかわからない。

たぶん気持ちは相手にあるのだろう。

腹が立つしあせる。