生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

生前整理をして今を楽しむ。よりよく生きることが前提。(産経新聞より)

孤独死が社会問題となり遺品整理のニーズが高まる中で、生きているうちに物心両面を整える「生前整理」という考え方に注目が集まっている。

大阪を中心に講師として活躍する女性は、がんと闘いながら各地をめぐっているという。「死と向き合ったからこそ、伝えられることがある」。

後悔なく今を生きるために、生前整理の大切さを説いている。

 

 

 

泣き続けながら頭に浮かんだ家族のこと
「まさか自分が」
大阪府枚方市中川智子さん(61)が生前整理に出合ったのは、乳がんを患ったのがきっかけだった。

平成19年の春、首や腕のしびれを感じて病院に行った。検査で乳がんと分かり、手術を受けることが決まった。

 

現実が受け入れられず、半日泣き続けた。

同時に頭に浮かんだのが、家族のことだった。

当時パートをしながら、家事は一手に担っていた。家の中のどこに何があり、生活費や家のローンはどうなっているのか。

もし自分がいなくなったら-。入院までの数日間、必要なことを書き起こした。

親しい知人への手紙もしたためた。

 

摘出手術後も抗がん剤の投与や放射線治療が続き、常に死を意識する日々を送った。「家族のために身の回りを整理しておこう」と足を運んだ片付け講座で、生前整理を知ったという。そしてその考え方は、自分ががんを宣告されてから取った行動と一致していた。

 

自分の人生をビジュアル化 「母は楽しく生ききった」と言われたい


 まず「自分史」を作る。

さらに多数の写真を取捨選択して、自分の人生はこういうものだったとビジュアル化する。

月々の電気代がいくらか、何日に引き落としがあるか、ローン残高はいくらか、そういった細かいことも書き出す。こうした諸々の作業が生前整理だ。

 

「家族に『お母さんは楽しく生ききった』と言われたい」と中川さん。

当初は「なぜ死ぬことを考えるのか」と反発していた家族も次第に理解してくれるようになった。

 

生前整理普及協会

遺品整理の現場からこうした発想が生まれ、25年7月に生前整理普及協会(名古屋市中村区)が設立された。

協会が講師を認定するなどして普及を進めており中川さんもその1人。現在、全国に約300人の認定講師がいるという。

seizenseiri.net

協会の設立にあたって

生前整理とは、生きる事を前提に物・情報・生き方の整理をすることです。
生前整理をするには、まずは自らが集めた物の整理からはじめるのが正しいやり方です。思い出の物の整理やアルバムの整理をしながら、今まで歩んできた人生をじっくりと振り返っていきましょう。
そして、生前整理実践帳を作成して、生きた証しを書き出していきます。その上で、残された人生をよりよく生きるために、命の最期である自分自身の葬儀をプロデュースしていきます。
限られている命の時間を意識することで、本当はやりたいのに出来ていないことが明確になります。いつやるんですか?その答えは今です。
やりたいと思ったら、今なら出来ることがたくさんあります。
たった一度の人生ですから・・そしてこの先、笑顔にしたい人は誰ですか?
どんなライフスタイルを送っていますか?
どんな物やお金が手に入っていますか?
さぁ~生前整理という「究極の片づけ」をしていきましょう♪
自分自身の人生もきっちりと整理していくことができれば最高の人生になります。
生前整理普及協会 大津たまみ

 
「後悔の少ない人生」は送れる


講座の受講者は自身や親の高齢化に向き合う50代以上が中心だが、「生前整理は死ぬためではなく、残りの人生を楽しむためにやること。若い人にも興味を持ってほしい」と話す。
自身の病との付き合いは10年を超え、再発の可能性は低くなっている。

「後悔のない人生は無理でも、後悔の少ない人生は送れる」とし「もし後悔するとしたら、生前整理をもっと多くの人に伝えればよかったってことかな」と、各地で思いを伝えている。

www.iza.ne.jp