生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

心療内科を受診してきました。2020,3,10誕生日(43歳)。妻に捨てられそうな中年男

もともとメニエール病発症して間もなくの頃、難聴の程度がころころ変わり、めまい発作もいつ来るかびくびくしていた。

 

精神科や心療内科の特徴通り、初診の予約がなかなか取れずに、発症一か月後にやっと受診できたことを覚えている。

 

作業療法士という仕事柄、精神科医療とは親和性がある方であるが、早めの受診は知っていたし大切であるが、すぐに受診はできなかった。

 

あれから5年。ずいぶん落ち着いた。

落ち着いていた。過去形。先週までは。

 

3月6日(金曜日)卒業式の後の学生との飲み会。

ビジネスホテルで一泊。

 

3月7日(土曜日)は朝一番で帰宅した。

「子供たちはばーばのところに泊まっているからゆっくりでよい」と妻からのライン。

ありがとう。

 

当日、夜。久しぶりに夫婦2人の時間。

一緒に寝たかったが、一足先に寝室に行った妻が、ドアの向こうで楽しそうにライン電話していた。

 

かわいらしい声。乙女?

「ぎゅーってしてくれてうれしかった」

「ちゅっ」てしてくれたよね、キュンってしたよ♡」

「またしてね」「またしてね」

 

まじか!!

妻が不倫している。

 

眠れなくなったよ。ご飯食べたくないし。

頑張ることができなくなった。

どうでもよくなった。

 

マジか!!

 

よりによって、うちの妻が!

 

ドキドキ。ソワソワ。眠れないぜ、デパスもきかない。

 

作戦考えなきゃな、どうしようかな。

 

心療内科の主治医は「白なのか黒なのかをはっきりしないとね」。

不倫しているのではないかという疑念がある状況だから。

 

 

ストレスフルな今日は43歳誕生日。人生の折り返し地点。

 

妻が手紙くれたよ。

 

「大丈夫」だって。

 

そりゃあんたは大丈夫だろうよ。(言わないけど)