生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

【精神腫瘍科】病状の伝え方も大切な治療。気持ちを分かち合う方法。日本サイコオンコロジー学会

サイコオンコロジーとはあまりなじみがない用語だが、近年臨床現場では聞きなじみが出てきている。

 

精神腫瘍科(せいしんしゅようか)の方が通りがよいかもしれない。

 

 以下にまとめてみる。

 

 

日本サイコオンコロジー学会について

jpos-society.org

サイコオンコロジーについて

サイコオンコロジーとは

About Psycho-Oncology

がん医療における「心」を専門とする活動、サイコオンコロジーを紹介します。

サイコオンコロジー(Psycho-Oncology)は、
「心」の研究をおこなう精神医学・心理学(サイコロジー=Psychology)
「がん」の研究をする腫瘍学(オンコロジー=Oncology)を組み合わせた造語で、
「精神腫瘍学」と訳され、1980年代に確立した新しい学問です。

サイコオンコロジーの臨床・実践活動に取り組む専門家をサイコオンコロジストといいます。

 

 サイコオンコロジスト(精神腫瘍科医)の活動

サイコオンコロジストの活動

サイコオンコロジストの役割は、

  1. 疾病や治療に関する適切な情報を提供すること
  2. 決して孤立しないように情緒的に支えること
  3. 治療を続ける上で患者さんを悩ます不眠や不安、気分の落ち込みに対して、精神医学的な治療を含めたサポートを用意し、最善の治療を受けられるように医学的なサポートを提供すること

特にこのような専門的なサポートを患者さんにあわせて用意をする専門医が精神腫瘍医です。
精神腫瘍医は、がんの治療に精通し、患者さんとご家族の支援に対して、専門的なアドバイスと最適な薬物療法を提供する知識と技術をもった専門家です。

 

実際の症例と対応例

CASE01認知症であっても、残存する認知機能を生かし、抗がん治療を受けることができた患者


CASE02点滴自己抜去には理由のあったせん妄患者


CASE03治療意思決定能力が問われた軽度認知症患者


CASE04抗うつ治療で抗がん治療が再開できた患者


CASE05包括的評価が大切とあらためて認識した不眠患者


CASE06乳がん患者の夫からの相談(「どう患者に接したらいいのか」)


CASE07病室の外の椅子で一日中泣いている、夫を看とる配偶者


CASE08非現実的な希望をいう患者(心理的防衛反応(否認))


CASE09実はせん妄だった不安の強い終末期がん患者


CASE10カウンセリング(心理療法)により不安を軽減した乳がん患者

下記参照↓。

サイコオンコロジーの実際 | サイコオンコロジーとは | 日本サイコオンコロジー学会

 

治療がうまくいかないときの病状の伝え方

治療はうまくいく時ばかりではない。

 効果を望めない状況になったとき、治療者は患者にどう伝えるべきか。

「伝え方」が患者を不安にさせてしまうこともある。

 

学会では、根治が難しい場合や、効果よりも副作用が大きく治療を中止した方がよい時に、どんなツールを使うといいかをまとめている。実際にどんな言葉で伝えているか具体的な例を集めてノウハウも紹介しようとしている。

 

がん医療において、患者や家族の生活の質(Quality of Life:QOL)の向上は、がんの治癒や生存期間の延長と同様に重要なゴールである。

サイコオンコロジー部会ではがん医療における精神心理的問題について広く扱い、精神心理的支援に関する研究やガイドライン作成などの情報発信を通して我が国のがん患者・家族のQOL向上に資することを活動方針としている。

喫緊の課題として、「がん医療における悪いニュースの伝え方」と「せん妄」に関するガイドラインを作成し、施策に反映させることを検討している。

がんの診断・治療は患者・家族へのインフォームドコンセントから始まるが、そのような状況における望ましいコミュニケーションのあり方を示すことは、患者・家族の精神心理的苦痛を軽減させ、患者・家族の意向に即した意思決定を可能にするという点で重要である。

一方せん妄は、終末期など身体的に重篤な状態において生じることが多い病態であるが、患者・家族にとって苦痛であるにも関わらず、医療者にとって適切に評価・対応することが難しいことが知られている。せん妄に関する情報発信を行うことで、適切なケアの均てん化に大きく貢献できるものと考えている。

 日本サポーティブケア学会HPより

サイコオンコロジー部会 | 一般社団法人 日本がんサポーティブケア学会

 せん妄についてのガイドライン

がん患者におけるせん妄ガイドライン | news | 日本サイコオンコロジー学会

 

医療者からきちんと病状を伝えられていれば、ホスピスや在宅という治療以外の選択肢も考えられるようになる。

 

医師より

「コミュニケーションは患者の意思決定を支えるもの。患者さんの不安に寄り添いながら、どんな生活をしたいのか価値観を話し合えるようになりことが重要」

 

がん患者と家族の心のケア

患者だけでなく家族のケアも大切なことである。

 

「がんは家族にとって人生を揺るがす体験。家族の生活も大きく変わる。家族は第二の患者ともいえるんです」。

 

死別は心に大きな傷を残す。「がんは治療の選択肢も多く、『あれで良かったのか』と後悔したり、無力感にさいなまれたりしてしまう」(大西教授)。悲しみに加え、家族が欠けた状態での仕事や子育ても大きな負担になる。

 

 

登録精神腫瘍医、HPで公開

 がん患者とその家族の心のケアは、1980年代にがん告知の広まりと同時に重要視されるようになった。日本では、昭和61年に日本臨床精神腫瘍学会が結成され、後に日本サイコオンコロジー学会と改称された。 

 

www.sankei.com