生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

がん患者と家族への接し方。まずは不安な気持ちを受け止めよう。励ましや気休めはいらない。

家族や友人が、がんと診断されたときには、どのように接したらよいのだろうか?

どのように支えたらよいのだろうか?

 

まずは、患者の気持ちを受け止めることが重要だと言われている。

 

同じように不安を抱える、患者の家族への支援も求められている。

 

 

安易な気休めや励ましは逆効果と知る

乳がんと診断された40代女性。

ある友人に手術したことを話した。

友人の反応

「つらい時は話してもいいんだよ」

と言ってくれた。

「再発が怖い」と打ち明けると

「悪いことだけを考えちゃダメ」

「いいことに目を向けなくては!」

と言われた。

「元気な人にはわからない薄い壁があるように感じてしまった。」

その友人とはその後疎遠になってしまった。

 

温かさを感じた言葉

一方、学生時代からの友人は、

「本当の気持ちはわからないけれど、これからも一緒にいっぱい旅行したい。元気になってほしい。」

と伝えてくれた。

温かさを感じた。

 

逆効果な対応の例

余計な詮索はしない。

不正確な話も×。

自分の価値観を押し付けない。

安易な励ましもいけない場合が多い。

・「前向きに」

・「弱気になるな」

・「もっと頑張れ」

がんになる前の生活について聞く。

根拠のない気休めや励ましは厳禁。

 

満足感のある対応についての考察

一概に「これを言えば満足する」という言葉はない。

共感的な対応が大切。

 

・じっくり話を聞いてくれた

・一緒に不安を分かち合ってくれた

 

 

www.asahi.com