生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

【患者会】日本肺がん患者連絡会理事長の話

日本肺がん患者連絡会理事長の長谷川一男さん。

2010年に肺がんステージ4と診断された。

 

治療や患者会の活動について下記にまとめる。

 

 

経過

「余命10ヶ月」と言われてから9年以上過ぎた。

 

肺腺がんと診断されたのは39歳。

「治療しないと3か月、治療すると10ヶ月」。メモが残されていた。

 

妻に促され、セカンドオピニオンを受ける。

医師から「がんは治らないだろう、しかしわずかな可能性がないわけではない。闘いなさい、闘え」

 

この言葉に「闘ってもいいんだ」と意識が変わった。

 

自分が納得して治療を選択する

自分が納得して治療を選択できるように情報を集め、主治医と意見を交わすようになった。

これまでに使用した抗がん剤は8種。

放射線治療も実施。

右肺は全摘。

 

納得して治療を選択しているので後悔はありません。

 

患者会設立

腹部に転移が見つかった15年に患者会を立ち上げた。

「知って考える」を目指している。

 

受動喫煙対策にも力を入れている。

 

国会審議にも参考人として意見を述べた。

 

今後も患者の立場として発信を続けたい。

 

www.jcancer.jp

https://mail30230.wixsite.com/lung-onestep1