生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

【がんのリハビリテーション】手術前も治療の合併症など予防普段の体力把握も大事

リハビリといえば通常は、障害が起きた後の機能回復訓練のこと。
しかし、がんの診療では障害を防いだり軽く済ませたりするための予防目的のリハビリがある。
そうしたリハビリに取り組む施設は増えてきたが、どこでも受けられるわけではない。専門家は「病院を選ぶ際にはリハビリに熱心な施設かどうかにも目を向けて」と話す。
 
 

笑顔で練習

 東京・信濃町にある慶応大病院腫瘍センターのリハビリ室。
食道がんの手術を翌日に控えた初老の女性が、器具を使って呼吸の練習をしていた。
「弱く長く吸いましょう。あまり強く吹かないで。そうです」。理学療法士の声に合わせ、器具にゆっくり息を吹き込む。
 
 食道がんは胸部と腹部を開く手術が必要で、術後は傷の痛みや全身麻酔の影響で呼吸が浅くなりがち。たんがたまって肺炎になりやすいため、その予防のためのリハビリだ。空気を多く取り込む腹式呼吸の方法も確認した。
 
 「2、3日は大変ですが徐々に管も抜けます。頑張って動きましょう」。療法士の言葉に、緊張気味だった女性も「はい」と笑顔を見せた。
 

回復をイメージ

 同センターリハビリ部門長の准教授は「術後の肺炎などの合併症を防ぐには、深い呼吸や起きて体を動かすことの大切さを、患者さん自身に前もって知ってもらうのが有効です」と話す。
 
 手術後のしんどい時期に初めて説明を聞くのと違い、意義が分かっていてスタッフとも面識があれば前向きに取り組みやすい。何をするか事前に知っていれば回復の道筋をイメージでき、不安の軽減にも役立つという。
 
かつては合併症が出てからの事後対応が主だったが、国内でも十数年前から先駆的な取り組みが始まり、手術前に予防リハビリを受けた人は合併症の発症率が低く入院期間も短いことなどが確認され、関心が高まった。しかしどの病院でも受けられるとは限らない。
 
 がんのリハビリが充実している施設の目安となるのが、規定の研修を受けたスタッフの配置が必要な「がん患者リハビリテーション科」があること。辻さんは「リハビリに熱心な病院は一般にがん診療の水準も高い」とし、病院を選ぶ際、念頭に置くよう勧めている。
 
 全国に400カ所余りある、国指定のがん診療連携拠点病院のリハビリに関する簡単な情報は、国立がん研究センターが運営する「がん情報サービス 」のサイトで検索可能。同サービスサポートセンターに電話で尋ねることもできる。番号は0570(02)3410。
 

がんの療養とリハビリテーション

ganjoho.jp

がんのリハビリテーション

 がんの療養におけるリハビリテーション(以下、リハビリ)は、患者さんの回復力を高め、残っている能力を維持・向上させ、今までと変わらない生活を取り戻すことを支援することによって、患者さんの生活の質(QOL:クオリティー・オブ・ライフ)を大切する考え方に基づいて行われます。
がんになると、がんそのものや治療に伴う後遺症や副作用などによって、患者さんはさまざまな身体的・心理的な障害を受けます。がんのリハビリは、がんと診断されたときから、障害の予防や緩和、あるいは能力の回復や維持を目的に、あらゆる状況に応じて対応していきます。

f:id:kazura-kobayashi:20200212114645g:plain

がんのリハビリテーションの目的(がん情報サービスより)

 

リハビリを実施している医療機関

がんのリハビリを受けられる医療機関を探すときの1つの目安になるのが、規定の研修を修了しているスタッフがリハビリに従事していることが要件となっている「がん患者リハビリテーション料」のある施設です。

2013年6月現在、この条件に該当する医療機関は全国に773施設あります。そのうち、がん診療連携拠点病院は256施設で、これは全国に397ヵ所ある拠点病院の64%以上にあたります。これらの医療機関ではある一定レベル以上のがんのリハビリを受けることができます。

医療機関を選ぶ場合は、「がん患者リハビリテーション料」のあるがん診療連携拠点病院を目安にするとよいでしょう。

がん診療連携拠点病院をお探しの場合は「がん診療連携拠点病院を探す」をご参照ください。
 

 

f:id:kazura-kobayashi:20200212114908j:plain

治療中・治療後に効果的な運動

詳しくは、「がんの療養とリハビリテーション」PDFデータにて。

https://ganjoho.jp/data/public/qa_links/brochure/odjrh3000000purk-att/208.pdf

 

出発点を知る

 東京都の52歳女性は、自身の乳がん経験から体を動かす大切さを痛感し「キャンサーフィットネス 」という団体を2014年に設立した。専門家と協力し、がん患者のためのさまざまな運動プログラムを都内で提供している。
 
 がんの種類や治療内容にもよるが、退院時に主治医から適度な運動を勧められる患者は少なくない。だが「何から始めていいか分からない」との悩みは多い上、発病を機にむしろ運動しなくなる人が目立つという。「がんや治療の後遺症で腕が上がりにくくなった」という訴えが、実は運動不足が原因である疑いが濃厚、というケースも。
 
 「普段の自分の体力がどの程度なのか、出発点を知ってからリハビリの運動を始めることが大切。今後は、がんの手術や治療の前から運動のことを考えようという啓発に力を入れたい」と女性は話す。