生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

【群馬県前橋市】パーキンソン病カフェが開催されている。

パーキンソン病は、体の振戦(震え)や筋肉のこわばり、抑うつ状態、睡眠障害や重い便秘など様々な症状が現れる。

 

今回、群馬県前橋市にて、語り合い不安の解消を目指してパーキンソン病カフェの活動について知ることができた。

 

以下にまとめる。

 

 

全国パーキンソン病友の会

sites.google.com

全国に8500人以上の会員がいる。

この群馬県支部がカフェ運営に関わっている。

 

支部会員約190名。

県内8地区に分けて会合を開くなどしてきた。

 

今回、地区の垣根を越えて活動できるように、以前から試験的に会合を進めてきていた。

 

活動について

前橋市にあるデイサービスセンター「はずみ野」内で活動している。

パーキンソン病は、高齢になるほどにかかりやすくなるため、今後の患者数の増加を見据えて、患者や家族同士の情報交換の拠点にしたい考えている。

 

偶数月(2月,4月,6月,8月,10月,12月)

第1日曜日の午後1時~3時に開催される。

 

参加者がお茶や食べ物を持ち寄り歓談してもらう。

参加無料。

 

事務局長より

群馬県支部事務局長

「気軽に訪れ、療養生活の改善に役立ててほしい」と呼び掛けている。

 

「特に診断されたばかりの頃は気分が暗くなりがち。患者や家族同士が直に話をして、不安を和らげる場所が必要」

 

「療養生活を明るく過ごしてもらうためにも、仲間たちと病気の理解を深め、悩みの解消やストレスの発散につなげてほしい」