生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

【乳がん】社会的孤立で再発リスク増加する

乳がん患者が社会的に孤立していると、再発や死亡のリスクが高まるらしい。

 

以下に記載する。

 

 

研究の方法と結果

米国などの研究チームが米医学誌に発表。

 

対象者:診断後2年以内。

社会的つながりが確認できている、米国と中国の乳がん患者。9270人。

 

方法と期間:平均10年半あまりを追跡した。

 

結果:1450人再発。990人乳がんで死亡。

 

周囲と緊密な関係があった患者と比べると、孤立していた患者は再発リスクが4割増える。

乳がん死亡するリスクは6割増加する。

 

特に、ステージ1期・2期といった早期のに乳がんで関連が強かった

 

結論

乳がんの診断にあたっては、患者が社会的に孤立していないかにも注目する必要がある。

具体的に社会的孤立とはどのような状態なのかを研究し、具体的な介入・啓もうが必要であろう。

 

※キャンサー(原文)

www.cbsnews.com