生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

ユマニチュードについて考える。

はじめに

「ユマニチュード」はフランスで考案された介護の技法のこと。

 

ユマニチュードは、フランス語で「人間らしさを取り戻す」という意味。

 

「人間らしさ」を大切に実践される介護技法。

 

4つのポイントがある。(見る・触れる・話す・立つ)

 

 

 

 

ユマニチュードまとめ

見る・触れる・話す・立つ、の4つのポイントがある。

 

正面からしっかり目を見つめる(見る)

あたりまえのことですが、実践できるでしょうか?

 

「正面」から。

「目をみつめる」。おっかない顔してはダメです。

 

長い時間瞳と瞳を合わせるということが、正直さ、ポジティブ、愛情を表現する。

 

穏やかに・ゆっくり・前向きな言葉で話す

相手から返事がなかったり、意図した反応がない場合は、ケアの内容を実況中継する。

「オートフィーバック」

 

広い面積で、柔らかく、ゆっくり触れる

優しさや愛情を表現する。

 

敏感でないところから触れる。肩や背中など。

 

手や顔などは最初には触れない。

 

立つ(歩く)

立つことで、全身の血流がよくなり、褥瘡(じょくそう)予防になる。

呼吸器・循環器の機能も向上する。

 

歩ければ、空間認知しやすくなり、知性、社会性の獲得につながる。

 

人であることの尊厳と誇りを自覚する手段。

 

 

NHKハートネット(福祉総合情報サイト)でも紹介されている

前編

www.nhk.or.jp

 

後編

www.nhk.or.jp

 

 

 具体的に

認知症の人と家族の会顧問の高見国生(たかみくにお)さんが、産経新聞で以下のような事例を紹介されています。

 

www.sankei.com

 

52歳で発症した夫を10年にわたり介護するY子さん。夫は幻視が強く、話がかみ合わず続きません。夫の言うことが理解できず、A子さんの対応が悪いと夫はすぐに怒ってしまいます。「意思疎通ができないのが最大の悩みでした」とY子さん。

 

Y子さんは、ユマニチュードを知ってから、夫との関係が良くなったと感じている、とお話しされているそうです。

 

夫の視界に入るようにしてゆっくり話しかけてみたら、いつもと違ったといいます。泣きそうな顔をしている夫に、「一緒に泣こうか」と言ったら素直に「うん」と。「けっして仲の良い夫婦ではなかったのですが、いま心が通ったと思った」そうです。また、最近は走ることはできなくなったので、「二人で歩こうか」といったらこれにも「うん」。

 

Y子さんは「何事にも意欲的だった以前の夫のままだと思えて、本当にうれしかった」といいます。

 

 

 そして、高見さんは、

 「なんだそんなことか」と思われるかもしれませんが、介護する者はそういうことで元気になり、介護への勇気も奮い立たせることができるのです。

 

と結んでいます。