生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

【認知症と買い物】買い物は人としての喜びや楽しみの一つ。社会とつながる作業を支える

はじめに

認知症になっても安心して暮らしていける社会を創りたい。

 

病気になっても安心して暮らせる社会を創ろうとすること自体が、希望になりうると思う。

 

「買い物」という作業は、人としての喜びや楽しみの一つ。

 

認知症の人の買い物を支える方法を、下記に考察したい。

 

 

認知症を理解しようとする社会の動き

厚生労働省は、「認知症サポーター」の養成に取り組んでいる。

 

様々な業種の人々が、専門家などの講座を受講している。

 

企業・団体所属のサポーターは、2019年6月で240万人を超えた。

 

www.mhlw.go.jp

 

 

NPO法人「地域ケア政策ネットワーク」

 

jichitai-unit.ne.jp

認知症の人が増え、対応を学ぶことは不可欠との意識が社会全体で高まってきた。」

 

 

コンビニ各社が加盟する日本フランチャイズチェーン協会認知症サポーター養成講座を全国で開催している模様。

ss.jfa-fc.or.jp

 

・本人のペースで

・急がせない

などの対応を学ぶ。

 

・参加者同士で、グループワーク(いろいろな場面を想定しより良い対応の話し合い)。

 

・帰宅できなくなった認知症の高齢者が立ち寄ることもあり、その対応も求められる。

 

答えは一つではないことを知ることが大切。

様々な考えがあることを知ることが支援につながる。

 

 

家族ができる買い物サポート

お店に事情を話しておく

一つの方法として、

「同行できないときのために、信頼関係がある店に事情を話しておく」がある。

 

長年通ってきた店には、習慣で通い続けることが多い。

 

・注意点

「物を売らないで」と頼むことは勧められない。

 

「買い物」という作業は、人としての喜びや楽しみの一つだから。

 

お店から帰ってこられなくなったら

帰ってこられなくなった時のために、

 

GPS全地球測位システム)機能付き携帯電話を持ち歩いてもらう。

・持ち物に連絡先を書いておく。(つえや財布、上着の内側など複数個所が良い)

 

が有効。

 

※フルネームや住所などの個人情報を書くことに抵抗があれば、携帯電話番号などの緊急連絡先と名字だけでも有効。

 

 

家族が買い物(外出)を止めるのは難しい

困ったときは相談しましょう。(大切)↓

www.alzheimer.or.jp

 

自治体の地域包括支援センター

お住いの市町村の↓

www.mhlw.go.jp

 

家族だけで抱え込まないことが安心(解決)の第一歩。    

 

 

認知症の兆候に気が付くきっかけ

買い物は認知症の兆候(ちょうこう)に気が付くきっかけになる。

 

・財布に小銭が大量にたまる。

・同じものを繰り返し買う。

・冷蔵庫に期限切れの食品が多くある。

・中身が入ったままの買い物袋が放置されている。

 

 

上記の場合、医療機関の受診も一案。

 

dementia.umin.jp

 

高齢の親が一人暮らしの場合。

一緒に買い物に付いていけるとよい。

 

何を買い、買い物場面で困ることはあるかどうか、把握できるとよい。

 

まとめ

認知症の家族の買い物サポート

・複数の持ち物に緊急連絡先や名前を書いておく。

・小銭を使いこなすのが難しいようなら、千円札数枚を財布に入れておく。

・買い物袋や冷蔵庫を見て、買いすぎていないかどうか確認する。

・顔なじみの店なら事情を話しておく。

・可能であれば同行する。