生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

ALS

よりよく生きるために、集い、話、仕事する。

脊髄損傷から起業して1年 子宮・卵巣がん患者会 ALSとともに生きる板橋さん

国会議員活動に分身ロボットを活用。船後靖彦参院議員と分身ロボットOriHime(オリヒメ)について。

はじめに 2019年の参議院選挙にて、令和新撰組から2名の議員が当選した。 2名ともに身体に障害があり、自分の意思を身体で表現することが困難な状態にある。 困難な状態にあるにもかかわらず、当選した船後靖彦議員と木村英子議員には、励まされた。 特に船…