生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

AIロボット

AIやロボットの進化により、安全性とルール整備が必要になってきている件。ブレインマシンインターフェイスも。

政府、自律型ロボットのルール策定へ 平成30年度に整備 東京五輪で本格運用 政府、自律型ロボットのルール策定へ 平成30年度に整備 東京五輪で本格運用 自律移動型ロボットのルール策定で世界の技術が集積する効果も(AP) ブレインマシンインターフェ…

AIロボット技術で生活が変わっていく。

ロボットやITで対応加速 日本の労働人口が確実に減少傾向にある中で、それを補うロボットや人工知能(AI)、IT(情報技術)の活用があらゆる産業分野で進んでいる。福祉・介護分野も同様だ。生身の人が対象なだけに機器の活用には困難も伴うが、さまざま…

高齢化社会を支えるAI、ロボット技術。

高齢化社会を支えるAI www.youtube.com ロボットが身近な場所で活躍する社会の実現に向けて、パーソナルロボットの研究開発を行っています。CEATEC JAPAN 2018では、トヨタ自動車のHSRを使い、最先端の深層学習技術を応用した「全自動お片付けロボットシステ…

AIとセンサー技術で健康管理する時代。もうすでに実用化している件

シンギュラリティー 人間の存在そのものを変えてしまう可能性があるともいわれる 「シンギュラリティ」。その意味について漠然と知ってはいるものの、正確に説明できない人も多いのではないでしょうか。 本稿では、シンギュラリティの意味から、その到来に関…

産学共同研究の事例。金沢工業大学とKYBを例にとって。

産学共同研究が熱を帯びている。 よりよい未来に向けた研究について考えたい。 金沢工業大学 KYB 立ち座り支援装置 産学共同研究の例 金沢工業大学 www.kanazawa-it.ac.jp KYB http://www.kyb.co.jp/ www.kyb.co.jp 当社は、1935年の創立以来、創業者萱場資…