生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

ALS 多発性硬化症 パーキンソン病 重症筋無力症

【ギランバレー症候群】

たむらあやこさん ▽全身襲う激痛 ▽使えるものは ふんばれ、がんばれ、ギランバレー! たむらあやこさん たむらあやこさん 神経が侵される重症のギラン・バレー症候群を患い、20代の2年近くをほぼ寝たきりで過ごした漫画家たむらあやこさん(39)。今も…

【ALS患者の声】女性ALS患者の嘱託殺人。当事者の声。「一時の言葉で死なせないで!」

人間は強い時も弱い時もある 患者同士交流。充実の生活。 一時の言葉で死なせないで ALS 人間は強い時も弱い時もある 患者同士交流。充実の生活。 一時の言葉で死なせないで

【ALS】ALS患者に対する医師による嘱託殺人事件に関する考察。安楽死ではないだろう。

ALS患者「孤独感、孤立感に悩む」 生きて行くことを支えるのが医師の務めでは 死にたいと思わせる環境変えるのが社会の責任 ALS患者に対する医師による嘱託殺人事件 ALS患者の安楽死議論 医療者から見たALS 船後靖彦議員の想い(ALS安楽死の議論) 全身の筋…

重症筋無力症を患う作業療法士。NPO法人ピーストレランス代表理事

ピース・トレランス この先の生活が見えない 断固とした決意は実はもろい 障害は「折り合い」をつけるもの 障害者ゆえに意志や存在を軽視される。 患者である前に生活者 「一緒に立ち止まる勇気」 重症筋無力症について 重症筋無力症とは 神経から筋肉への指…

「難病東大生」の著書がある内藤佐和子さん。徳島市の新市長になる。

徳島市の新市長、内藤佐和子さん 2020年徳島市の新市長になった内藤佐和子さん。 内藤佐和子さん プロフィール 内藤 佐和子 ないとう さわこ 多発性硬化症 日常生活の注意点 妊娠出産について 内藤佐和子さん プロフィール 内藤 佐和子 ないとう さわこ 1984…

パーキンソン病と就労について。

パーキンソン病と就労について。 パーキンソン病と仕事 1.「パーキンソン病」とはどのような病気ですか 振戦(ふるえ)、動作緩慢、筋強剛(筋固縮)、姿勢保持障害(転びやすいこと)を主な運動症状とする病気で、50歳以上で起こる病気です。時々は40歳以…

てんかんと就労について。

読売新聞「医療ルネサンス」 てんかんと就労 てんかんとは 私たちの体をつくっている細胞にはすべて電気的流れがありますが、大脳の神経細胞(ニューロン)も、規則正しいリズムでお互いの調和を保ちながら電気的に活動しています。てんかん発作はこの穏やか…

【パーキンソン病】パーキンソン病と共に生きる。(読売新聞医療ルネサンスより)

パーキンソン病 1.「パーキンソン病」とはどのような病気ですか 振戦(ふるえ)、動作緩慢、筋強剛(筋固縮)、姿勢保持障害(転びやすいこと)を主な運動症状とする病気で、50歳以上で起こる病気です。時々は40歳以下で起こる方もあり、若年性パーキンソン…

【ターナー症候群】読売新聞「医療ルネサンス」の記事より

読売新聞の医療ルネサンスの目標は、「患者の心と体にやさしい医療」の実現だという。 また、医療の情報だけでなく、「どのように生きるか」を考えるきっかけを、先輩患者を通して学ぶことができるのも素晴らしい試みだと感じる。 今回はターナー症候群につ…

ウェブ通じて希少疾患患者の意見を集める。参加型新臨床研究「RUDY JAPAN」大阪大学

rudy.hosp.med.osaka-u.ac.jp RUDY JAPAN とは? RUDYは難病の患者さんの情報を収集し研究を進めるためのプロジェクトです。英国のオックスフォード大学において始まりましたが、私たちも、日本において患者数の少ない難病の解明や治療法の開発を目的に、日…

よりよく生きるために、集い、話、仕事する。

脊髄損傷から起業して1年 子宮・卵巣がん患者会 ALSとともに生きる板橋さん

【黄斑変性症】人生はなるようになる。戸田奈津子さん(産経新聞より)

映画字幕翻訳者の戸田奈津子さん(78)の左目は約20年前、目の網膜の機能が低下する「黄斑変性」と診断された。当時は根本的な治療法がなく、長期にわたり視界の悪さに苦しんできた。最近、新たな治療法が開発され、昨年末に手術を受けた。視力は回復し…

【ギランバレー症候群】普通のありがたさを痛感した。陸上とミスユニバースジャパンが支えになった 美馬寛子さん

ギランバレー症候群

【潰瘍性大腸炎】「小説を書く作業があってうれしい」小説家 長浦京さん(産経新聞より)

長浦京 潰瘍性大腸炎

【多発性硬化症】20~30代の女性が好発年齢。治療して結婚も出産もあきらめない。

多発性硬化症。 認知度は低いかもしれない。 20代~30代で発症する人が多く、女性に多い疾患。 結婚・出産というライフイベントを考慮する時期と重なり、かつては仕事や出産などをあきらめる人も多かった。 現在は、治療法が進歩してきた。あきらめずに日常…

国会議員活動に分身ロボットを活用。船後靖彦参院議員と分身ロボットOriHime(オリヒメ)について。

はじめに 2019年の参議院選挙にて、令和新撰組から2名の議員が当選した。 2名ともに身体に障害があり、自分の意思を身体で表現することが困難な状態にある。 困難な状態にあるにもかかわらず、当選した船後靖彦議員と木村英子議員には、励まされた。 特に船…

【アレルギー疾患対策基本法】アレルギー疾患治療の中心拠点病院(国立病院機構相模原病院)

はじめに ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患に対応するための法律が制定された。 相談窓口を開設した病院もある。 下記にまとめて報告します。 はじめに アレルギー疾患対策基本法 アレルギー拠点病院 アレルギー疾患対策基本法 https://www.j…