生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

失語症

【脳血管障害の作業療法】目覚めると左半身がしびれて、力が入らなかった。脳卒中のこわさ。

脳血管障害(脳卒中)の種類 脳血管障害(脳卒中)の危険因子 脳血管障害(脳卒中)の症状 脳血管障害(脳卒中)の予防 脳の動脈硬化が進み、脳の血管が詰まったり破れたりする病気の総称。 ずっと健康だと思ってた。有田奈央さん。 若くして脳梗塞① 脳血管…

脳卒中のリハビリテーション。手足のつっぱりのケアについて。

手足のつっぱり 痙縮について 脳卒中の後遺症でよくみられる障害の一つに「痙縮 けいしゅく」という症状があります。痙縮(けいしゅく)とは筋肉が緊張しすぎて、手足が動かしにくかったり勝手に動いてしまう状態のことです。手指が握ったままとなり開きにく…

脳梗塞後のリハビリテーションに満足できない。保険外自費リハビリテーションについて考える。

脳卒中退院後のリハビリテーション 脳卒中退院後のリハビリテーション 自費リハビリの選択肢 多くのニーズ 言語聴覚療法 対象症状 失語症 構音障害 音声障害 注意障害 半側空間無視 記憶障害 遂行機能障害 嚥下障害 「言葉が話せない」に潜む複雑な原因をひ…

失語症への社会復帰支援を加速させる

失語症の社会復帰支援

心筋梗塞・脳梗塞 右半身まひ パラリンピックを支える。(読売新聞)

背中を押してくれたパラリンピック 心筋梗塞・脳梗塞発症 リハビリテーション 失語症 図1 失語症になると 重要なコミュニケーションへの努力 患者さんとの接し方-6つのポイント 図10 患者さんへの気配りを大切に 深めたい言語障害者への理解 ロンドンパラ…

【失語症】バリトン歌手の原口隆一さんの紹介(産経新聞より)

失語症を克服した、バリトン歌手の原口隆一さんの紹介。 ピアノの調べとともに響くバリトンの重厚な低音。背筋を張り、腕を広げ、前を見据えるまなざしには力がみなぎっている。 ※バリトンとは 男声のバスとテノールの中間の声域およびそれを受け持つ歌手。…

【脳梗塞】健康な若年でも発症可能性がある脳梗塞。絵本作家 有田奈央さんの経験。

34歳で突然、脳梗塞を発症し、左半身不随になった絵本作家の有田奈央さん。 懸命のリハビリで歩けるまでに回復した記録を「ずっと健康だと思ってた。34歳脳こうそく克服記」(イースト・プレス)にまとめた。 入院生活やリハビリで一喜一憂する様子を、…