生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

就労支援と作業療法

ソーシャルファームについて

ソーシャルファーム

がんとともに働くこと。

がんとともに働くこと がんとともに働くこと2

要介護状態であっても就労や役割による活躍の場があることが、人にとっては重要だ。

人にとっての就労の意味について。

障害者の在宅ワークを支援する。ヴァルトジャパンの紹介。

不安障害と就労支援

働くことは生きる事。障害があっても工夫して様々な仕事を生み出すことが、働きがいある環境になる話。

障害者の就労(ローランズ) 就労支援②

【農福連携】障害者の自立のために就労が必要。相応の収入や働く喜びは生きることだ。

農福連携について 農福連携の事例 アロンアロン 3つのコンセプトをテーマに活動しています 農福連携についての実践 農福連携について 農福連携とは、障害者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取組です。農福連…

じっとしているのは私らしくない  "がん"と診断されても私が働き続ける理由

抗がん剤を受けずに、仕事をするという選択 どんなときでも、自分らしくありたい! 日頃の人間関係を、良好にすることの大切さ 抗がん剤を受けずに、仕事をするという選択 実はJさんは40代前半に、初期の乳がんを発症している。最初に診察を受けた病院では、…

「ステージ4」からのハローワーク。

「麻央さんとは違う」 車椅子シングルマザーが在宅でがん治療をするという現実 会社からは「治る見込みのない人は雇えない」と解雇された ママの退院を待ちわびた息子と介護ベッドで添い寝した 4〜5人が交互に訪問してくる日常に息子は家を飛び出した 途絶えた収…

末期がんでも働くこと。生きることは働くこと。

医療者と職場の担当者にある認識のズレ 働き方を考えるために必要な医学的状況を医療者に聞く 配慮してほしいことは患者本人から伝えよう 働く意欲、能力のある人を辞めさせたくない がんと仕事の両立が当たり前の社会に 医療者と職場の担当者にある認識のズ…

がんと共に働く。本人の意欲・企業の理解・社会の制度。がん治療と仕事を両立するために必要なこととは②

がん患者の3人に1人が離職 がんになっても働き続けたい ~ 桜井なおみさん がんと離職の問題は随分前からあったはずです。 けれども、「働き続けられないのは、自分が努力できなかったから」 「会社が悪い」と個人や会社のせいにしてきたのだと思います。 個…

がんと共に働く。本人の意欲・企業の理解・社会の制度。がん治療と仕事を両立するために必要なこととは。

がんになっても仕事は辞めないで 治療と仕事を両立する上で困難だったこと 一番大きな問題は、医療費の高さや収入減少などの経済面 官民で広がる支援 情報発信や雇用奨励金 一般社団法人のグループ・ネクサス・ジャパン CSRプロジェクト がんになっても仕事…

【障害者雇用】後継者不足の伝統産業を障害ある方が立派な担い手となっている件。

伝統産業の担い手として障害者雇用が注目されている 就労継続支援B型事業所 通常の事業所に雇用されることが困難な就労経験のある障害のある方に対し、生産活動などの機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行うサービスです。このサービ…

【障害者就労】オリヒメがバリスタになった件。遠隔操作で素晴らしい仕事をしている。可能性広がる。

オリヒメ オリィ研究所 孤独とは何か 社会問題化する孤独 コミュニケーションテクノロジーの開発 「分身」による新たな社会参加を オリヒメがバリスタになった件 オリヒメ orihime.orylab.com オリィ研究所 孤独化の要因となる 「移動」「対話」「役割」など…

【難病と就労】炎症性腸疾患(IBD)の患者のための総合情報誌「CCJAPAN」の紹介。

三雲社 三雲社「CCJAPAN」の紹介 三雲社 私たちは、炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease以下IBD)のひとつであるクローン病という難病患者のみで、2000年12月に株式会社三雲社を設立いたしました。 IBDの代表的症例に、共に国の難病指定であるクローン…

バリアをバリューに変えていく会社。ミライロの紹介。

ミライロ株式会社 トップメッセージ 企業理念「バリアバリュー」 ミッション「自らの色を描ける未来、自らの路を歩める未来をデザインする」 ビジョン「小さな想いを、大きなうねりに変える会社」 ミライロ 垣内俊哉さん ミライロ株式会社 トップメッセージ …

【就労支援】就労継続支援事業所アプローズ

アプローズ南青山 青いバラ「アプローズ」の花言葉は―夢かなう―。ともに働き、暮らしながら、障害のある方ひとりひとりが夢をかなえる場となってほしい。 就労支援 アプローズ南青山 青いバラ「アプローズ」の花言葉は―夢かなう―。ともに働き、暮らしながら…

【介護と就労の継続】介護は家族がするもの、という意識が強すぎる日本人。介護離職はしてはならぬ件。

仕事と介護の両立 介護離職を防ぐために 労働者の方へ 事業主の方へ 介護離職ゼロ 仕事介護の両立モデル 仕事と介護はこうやって両立させる 仕事と介護両立させるポイント ①職場に「家族等の介護を行っている」ことを伝える。 「仕事と介護の両立支援制度」…

【就労支援】精神障害者の仕事継続支援の一つ。心の不調をITを使って「見える化」する話。

SPISについて なにに役立つの? 4つのケアについて SPISの3つのポイント 01精神面の状態を簡単に入力できます グラフ化によって状態が「見える化」できます 03支援機関との連携に役立ちます 評価項目について 心の不調をIT使い「見える化」 慢性疾患があって…

【障害者の就労】社会的企業にコロナ自粛が直撃している件。

就労支援 就労支援について知りたい 高次脳機能障害のある方の就労支援についての情報です。 安心して働くための支援サービス 就労を支援する機関と役割 1.ハローワーク(公共職業安定所) 2.地域障害者職業センター 3.障害者就業・生活支援センター …

精神障害と就労支援について

統合失調症と就労 就労移行支援 就労移行支援事業所は、学校のように通いながら就職に向けたサポートを受けることができる場所です。個別の支援計画に沿って、他の利用者と一緒に就職に役立つ知識や必要なスキルを学ぶこと、就職の準備をすること、就労支援…

うつ病の人が、輝くように!復職支援。リヴァの紹介。

リワーク 用語意味 概要 種類(実施主体) 内容 VISION うつ病・復職(リワーク) リワーク 用語意味 リワークとは、return to workの略語です。気分障害などの精神疾患を原因として休職している労働者に対し、職場復帰に向けたリハビリテーション(リワーク…

大分県別府市の、太陽の家について。

太陽の家 太陽の家とは? 理念 本館正面 スーパーマーケット 「サンストア」 No Charity, but a Chance!保護より機会を 太陽の家は障がい者が働き、生活する施設であり、地域社会の一住民として普通に暮らしています。1965年の創立以来、障がい者の働く場づ…

【障害者雇用】短時間雇用と農福連携についてのお話。

障害者雇用 障害者トライアルコース・障害者短時間トライアルコース 助成内容 障害者トライアルコース 概要 ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、就職が困難な障害者を一定期間雇用することにより、その適正や業務遂行可能性を見極め、求…

働く障害者のために労働組合を立ち上げた。ソーシャルハートフルユニオン(東京都豊島区)の紹介

我慢してしまう 外部に評価委 ■立場弱く、自主的解決難しい ソーシャルハートフルユニオンは加入した組合員にとってこのような特徴があります 働く障害者のための労組立ち上げ 働く障害者に特化した日本初の労働組合「ソーシャルハートフルユニオン」(東京…

【障害者就労】株式会社ワンライフの紹介

就労について onelife-inc.com onelife-inc.com onelife-inc.com onelife-inc.com onelife-inc.com onelife-inc.com onelife-inc.com onelife-inc.com

働くことは生きること。要介護者と助ける住民。

山口県防府市(ほうふし) ほうふの町 時代とともに変わるまち『ほうふ』 ほうふの名前は、飛鳥時代に律令制のもと周防国の国府が置かれたことに由来します。条里制により土地が方格に区切られた跡が、防府平野の北側の広い範囲に残っています。 防府天満宮…

障害者を「社会の支え手」にしよう。障害者からチャレンジドへ。

障害者を支え手に 社会福祉法人プロップステーション ICTを駆使してユニバーサル社会(共生・共助社会)の実現を目指す 社会福祉法人プロップ・ステーション理事長 竹中ナミ プロップ・ステーション(略称:プロップ)で学び、働くチャレンジドの多くは、…

通所訓練「リワーク」について

リワーク www.utsu-rework.org リワークとは、return to workの略語です。気分障害などの精神疾患を原因として休職している労働者に対し、職場復帰に向けたリハビリテーション(リワーク)を実施する機関で行われているプログラムです。復職支援プログラムや…

働くことは生きること。

働くことは生きること

【障害者就労支援】福祉工房でアニメ制作。職種の開拓に挑戦する。

職種の限られがちな障害者らがアニメの制作に挑戦している作業所が、京都にある。福祉工房P&P(京都市伏見区)。活躍の場を広げようと、今月にはギャラリーも開設。障害者の就労支援制度が改正されて10年となる今年、職種の開拓につながる取り組みとし…