生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

作業療法

ナッジ理論について知る。

ナッジ理論を活用! ナッジ(nudge)? ナッジ理論について ナッジ理論を活用! 介護も医療も予防が大事親に元気でいてもらうために子どもができる7つのこと 親にはいつまでも長生きしてほしいと思っていても、どうしたら生活習慣を変えてもらえるか、悩んで…

コクヨのエンディングノート「もしもの時に役立つノート」が売れている。丁寧に配慮して作られた実用ノート。

もしもの時に役立つノート もしもの時に役立つノート エンディングノート「もしもの時に役立つノート」の特長 こんなシーンに 商品情報 エンディングノート「もしもの時に役立つノート」 その他 「からだを大事にするノート」の特長 こんなシーンに 商品情報…

リハビリテーションの最新事例。ITやロボット技術が患者を支える、回復を促進する。

リハビリテーション リハビリテーションは、基本的にアナログな作業である。 ボタンを押せば何とかなる作業ではない。 しかし、IT技術やロボット技術の発展のおかげで、今まではアナログで苦労しても届かなかった領域(結果)にも手が届く可能性が出てきてい…

【AYA世代】がんとともに生きる。フォトグラファー 木口マリさん。

15~39歳頃までの思春期と若年成人(Adolescent and YoungAdult)を指すAYA世代。この世代のがん患者には進学、就職、結婚など中高年とは違った課題が存在する。38歳で子宮頸(けい)がんと診断されたフォトグラファーの木…

【潰瘍性大腸炎】「小説を書く作業があってうれしい」小説家 長浦京さん(産経新聞より)

長浦京 潰瘍性大腸炎

【産経新聞連載】話の肖像画 元郵政相・八代英太(82)さんの紹介

国会議員 バリアフリー 社会参加

【フレイルについて】高齢者の筋トレは社会参加にもなる件

はじめに 「フレイル(虚弱)」という言葉がある。 高齢者が要介護になっていく前段階を指す言葉として一般的になりつつある。 介護予防の観点からも知っておきたい用語である。 以下に考察します。 はじめに フレイルについて 3つの虚弱がある 現状と対策 …