生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

すい臓がん

どう生きるかを最優先。ジャーナリスト竹田圭吾さん。(産経新聞より)

ジャーナリストの竹田圭吾さんが今年1月10日、51歳の若さで膵臓(すいぞう)がんのためこの世を去った。亡くなる1週間前まで番組に出演し、仕事にこだわり続けた。2年半の闘病生活を支えた妻の裕子さん(52)は、最期の瞬間まで夫を見守った。 すい…