生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

がん哲学外来

【がん哲学外来】患者が尊厳を持てる社会に。がん哲学外来へようこそ (樋野興夫さん)

2人に1人ががんになる時代。 心のよりどころが求められている。 「臨床の現場は、患者に病状や治療方法を説明するので手いっぱい。 一方、患者側はどのようにがんと向き合いながら生きていけばいいのか分からない。対話を通じて現場と患者の間にある『隙間』…