生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

がんの作業療法

がん治療研究を支援しよう。(産経新聞より)

がん研究支援(産経新聞より) 「みんなの力で、がんを治せる病気にする」をスローガンに、がんを意味する英語「CANCER(キャンサー)」の頭文字Cを名称から削った商品などを企業が販売し、売り上げの一部をがんの治療研究に充てる活動が行われている…

がん患者の仕事と治療の両立。会社内でピアサポート実践。

がん治療と仕事の両立に、多くの企業が取り組んでいる。特に、がんと関わりの深い企業の取り組みは熱心だ。4月からは、がん治療をする主治医が産業医などと連携し、両立を視野に治療計画を作ると診療報酬もつくようになった。ますます、きめ細かい取り組み…

【がん哲学外来】患者が尊厳を持てる社会に。がん哲学外来へようこそ (樋野興夫さん)

2人に1人ががんになる時代。 心のよりどころが求められている。 「臨床の現場は、患者に病状や治療方法を説明するので手いっぱい。 一方、患者側はどのようにがんと向き合いながら生きていけばいいのか分からない。対話を通じて現場と患者の間にある『隙間』…

【がん患者を支える】生きるは作業のつみかさね

がん患者を支える①(医療ルネサンス) 乳がん経験者が、人形劇で思い伝える。 がん患者を支える② AYA世代 がん患者を支える③ がんサロンネットワーク熊本 手記「がんとともに生きる」作成。 がん教育の授業で活用される。 がん患者を支える④ 患者支援団体「…

【がんの再発】不安に押しつぶされそうになっても、希望を失わず、病に向き合う人々。

医療ルネサンス 再びがんに 「がんとの付き合いも、やっと終わると楽しみにしていたのに、なぜ?」 抗がん剤の副作用が想像を絶した。 電車に乗る際、他者の自死を目撃した。 「自分は生きている。治療を受けられる」と思えるようになった。 吹っ切れた。 再…

がん患者向けSNSがある。日本対がん協会「サバイバーネット」の紹介

www.jcancer.jp サバイバーネットの紹介 www.gsclub.jp サバイバーネット

よりよく生きるために、集い、話、仕事する。

脊髄損傷から起業して1年 子宮・卵巣がん患者会 ALSとともに生きる板橋さん

どう生きるかを最優先。ジャーナリスト竹田圭吾さん。(産経新聞より)

ジャーナリストの竹田圭吾さんが今年1月10日、51歳の若さで膵臓(すいぞう)がんのためこの世を去った。亡くなる1週間前まで番組に出演し、仕事にこだわり続けた。2年半の闘病生活を支えた妻の裕子さん(52)は、最期の瞬間まで夫を見守った。 すい…

死ぬことは生きることと同じ。流通ジャーナリスト金子哲雄さん、金子稚子さん(産経新聞より)

末期の肺カルチノイド(肺がんの一種)と診断されて500日。 平成24年10月、41歳の若さで亡くなった流通ジャーナリスト、金子哲雄さんを、妻の金子稚子さんは在宅で支え続けた。 哲雄さんから全幅の信頼を寄せられ、「死ぬことは生きることと同義」…

【多発性骨髄腫】がん闘病の日々を漫画で表現。

多発性骨髄腫で平成25年7月に55歳で亡くなったロックバンド「ザ・グッバイ」のベーシスト、加賀八郎さん。 妻で少女漫画家の池沢理美さん(53)は、約3年にわたる夫婦での闘病生活を描いたエッセー漫画を漫画雑誌に連載中だ。 痛みと闘う夫を支える…

【乳がん】病とともに生きる。普通の尊さを学んだ。生稲晃子さん(産経新聞より)

乳がん 生きる作業

【全身がん】四つのがんを乗り越えたお笑い芸人の芸。元ゆーとぴあホープさん

「ゴムぱっちん」の芸で知られる元お笑いコンビ「ゆーとぴあ」のホープさん(66)は、この8年間に4つのがんと闘ってきた。大腸、肺、胃、小腸…。体中をがんにむしばまれながらも、命をつなぎ、精力的に舞台に立ち続けている。「みんな、暗く考えるなよ」…

【がんとともに生きる】元SKE48の矢方美紀さん。「私の人生は病気だけじゃない」

はじめに 平成30年4月、左乳房の全摘手術を受けた。退院後に病名を公表した。 「病気だけが私の人生ではない」と、夢だった声優への道を一歩一歩進んでいる。 www.sankei.com はじめに 正直な気持ちを知ってほしかった 伝わらず嫌気さしたこともあった 副…

【女性がん患者会】タレントの原千晶さん、がん患者会を主催している。女性がん患者のための「よつばの会」。

原千晶 よつばの会 子宮体がん 子宮頸がん

【がん闘病】東大病院医師 ぜんそく・がんの闘病続けて、「あきらめない姿勢を見せることが私の医療。」前田恵理子さん。

産経新聞より。 東大病院に勤務する前田恵理子さん(42)は日々、がんに向き合っている。放射線科医として、そして「がん患者」として。 平成27年2月。自分の目で、肺に影を見つけた。手術の結果、肺の外側の膜に到達している進行がんと判明。5年生存…

【精神腫瘍科】病状の伝え方も大切な治療。気持ちを分かち合う方法。日本サイコオンコロジー学会

精神腫瘍科 サイコオンコロジーについて

がん闘病生活と両親の介護生活を同時に対応した経験の紹介(産経新聞)

親の介護と自身の病気は、いつかやってくる可能性が高いが、いざその状況にならなければ対応方法の検討などの準備は難しい。 急速に進む高齢化の中で、自身も病気になる可能性が高くなる中、親の介護も同時に対応しなければならない状況は誰の身にも起こりう…

がんサロンとなごみサロンの紹介。

がんピアサポーターの活動する場所がないことに危機感を覚え、結成した。 県内にも17の拠点病院あるが、形としてはあるが実態がないなどの問題があったらしい。 院内サロンとの違いは、日曜日にも活動いていること。サロンを持たない病院の患者や県外の患者…

がん患者と家族への接し方。まずは不安な気持ちを受け止めよう。励ましや気休めはいらない。

家族や友人が、がんと診断されたときには、どのように接したらよいのだろうか? どのように支えたらよいのだろうか? まずは、患者の気持ちを受け止めることが重要だと言われている。 同じように不安を抱える、患者の家族への支援も求められている。 安易な…

がんを知るために必要な信頼できる情報の獲得について

がん治療は、かつては受け身のことが多かったらしい。 しかし今では、インターネットの情報源などをもとに患者自身が選択することが多くなってきている。 信頼できる情報こそが治療上も人生の選択としても大切である。 さらには、助け合える患者会なども全国…

【希少がん】GIST治療。情報収集のためにも患者会を知ろう

GIST(ジスト)(消化管間質腫瘍)とはどんな病気なのだろうか。 有名俳優が罹患し、世の中にはさまざまな情報があるが、適切でないものも多い。そうした情報に惑わされず、病気の可能性がある場合はしっかりと専門医に相談して、適切な治療を受ける必要…

【マギーズ東京】自分の人生を確認する作業が必要ながん患者の相談室

がんを告知されたが医師に何を聞けばいい? 治療以外のことは誰に相談しようか-。さまざまな悩みを抱えるがん患者や家族がいつでも立ち寄り、相談できる場として「マギーズ東京」(東京都江東区)が知られている。 マギーズ東京 スタッフが目指すのは「医学…

【スキルス胃がん患者会】スキルス胃がんについての冊子を作製している。正しい情報を収集することが大切。

スキルス胃がん 患者会が冊子作製

【男性がん患者】男性特有のがん患者会に参加しよう。外見や生活など悩みを語り合う。

前立腺がんや精巣腫瘍など男性特有のがん、女性の病気と思われている乳がんの男性患者らが初めて一堂に会した「男性がん総合フォーラムMo-FESTA(モーフェスタ)」が東京都内で開かれた。 患者や家族、医療関係者ら約170人が参加した。男性も女性…

【前立腺がん】腺友ネットの紹介。男性患者会は珍しい。

さまざまながんの患者会があるが、これまでは活動の中心を担うのは女性で、前立腺がんや精巣腫瘍のように男性特有のがんの患者会は少なかった。 最近ようやく、男性による患者会活動が広がりを見せている。 以下に報告する。 患者会の力 腺友倶楽部 「NPO法…

【がんのリハビリテーション】手術前も治療の合併症など予防普段の体力把握も大事

リハビリといえば通常は、障害が起きた後の機能回復訓練のこと。 しかし、がんの診療では障害を防いだり軽く済ませたりするための予防目的のリハビリがある。 そうしたリハビリに取り組む施設は増えてきたが、どこでも受けられるわけではない。専門家は「病…

【がん発症】予防は万全ではない。発症は「運」が最大要因。患者が悪いわけではない。

喫煙などがんのリスクとなる生活習慣が明らかになってきた。改善すればがんを予防できるかもしれないが、全てのがんが予防できるわけではない。 「がん予防」のための啓発活動が、患者を苦しめることがあっては本末転倒だ。 以下に考察する。 本当の原因はわ…

【乳がん】再発の不安を元気アプリを使用して軽減したい。

乳がん患者の再発の不安を軽減するための試み。

【精巣腫瘍】働き盛りの男性が発症してし仕事にも支障が出る。患者会への参加で助け合い。

精巣腫瘍は日本では少なく、実情があまり知られていないがんだ。 がんの中では比較的治る割合が高いが、20~40代の働き盛りの男性で発症することが多い。 仕事や家庭生活にも支障が出て悩みの深い患者に、治療や闘病の実際の姿を伝えられないか。この病…

【乳房再建】「これからの乳房再建BOOK」の紹介

乳がんで失われた乳房の再建についてわかりやすく解説した著書の紹介。 「これからの乳房再建BOOK」 保健適用 トラブルも増加 患者の体験談も紹介 乳房手術の問題点 体験者の声を伝える活動活発化 「これからの乳房再建BOOK」 これからの乳房再建B…