生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

がんの作業療法

【がんとともに生きる】元SKE48の矢方美紀さん。「私の人生は病気だけじゃない」

はじめに 平成30年4月、左乳房の全摘手術を受けた。退院後に病名を公表した。 「病気だけが私の人生ではない」と、夢だった声優への道を一歩一歩進んでいる。 www.sankei.com はじめに 正直な気持ちを知ってほしかった 伝わらず嫌気さしたこともあった 副…

【がん闘病】東大病院医師 ぜんそく・がんの闘病続けて、「あきらめない姿勢を見せることが私の医療。」前田恵理子さん。

産経新聞より。 東大病院に勤務する前田恵理子さん(42)は日々、がんに向き合っている。放射線科医として、そして「がん患者」として。 平成27年2月。自分の目で、肺に影を見つけた。手術の結果、肺の外側の膜に到達している進行がんと判明。5年生存…

【がん患者外見の悩み】化粧やアロマでつらさや悲しみ癒す力に。作業療法のススメ。

がん患者が、抗がん剤治療や放射線治療による「外見上の変化」に悩むことは少なくない。 脱毛や皮膚の変色により、閉じこもりがちになり生活の質が低下してしまうことが多いようだ。 いかに快適に、生活の質を上げ生きていけるように援助すべきなのか。 「化…

【精巣がん】AYA世代 がんとともに生きる 働き盛り36歳で診断

はじめに AYA世代は、15歳から39歳までの思春期と若年成人のことを指している。 AYA世代のがん患者には進学、就職、結婚、子育てなど中高年とは違った課題が存在する。 働き盛りの36歳で精巣がんと診断された永江耕治さんについて調べました。 はじめに 診断…

【病とともに生きる】社会とのつながりが生きる力に。キャンサーペアレンツ代表理事・西口洋平さん

はじめに AYA世代は、15歳から39歳までの思春期と若年成人のことを指している。 AYA世代のがん患者には進学、就職、結婚、子育てなど中高年とは違った課題が存在する。 子供を持つがん患者のための団体「キャンサーペアレンツ」を立ち上げた、代表理事の西口…

【がんとともに生きる】乳がん闘病後にケア介護ブランド「TOKIMEKU JAPAN」(トキメクジャパン)を立ち上げた社長、塩崎良子さん

はじめに 15歳から39歳までの思春期と若年成人(Adolescent and Adult)を指すAYA世代。 AYA世代のがん患者には進学、就職、結婚、子育てなど中高年とは違った課題が存在する。 乳がん闘病後に、ケア介護ブランド「TOKIKEKU JAPAN」(トキメクジャパン)を立…

【がんとともに生きる】若年性乳がんの患者支援団体「ピンクリング」代表、御舩美絵さん

はじめに 15歳から39歳までの思春期と若年成人(Adolescent and Adult)を指すAYA世代。 AYA世代のがん患者には進学、就職、結婚、子育てなど中高年とは違った課題が存在する。 若年性乳がんの患者支援団体「ピンクリング」代表、御舩美絵さんについて調べま…

【がんとともに生きる】若年性がん患者団体「STAND UP!!」代表 松井基浩さん(医師)

はじめに 15歳から39歳までの思春期と若年成人(Adolescent and Adult)を指すAYA世代。 AYA世代のがん患者には進学、就職、結婚、子育てなど中高年とは違った課題が存在する。 AYA世代は何に悩みどう生きているのか。 今回は若年性がん患者団体「STAND UP!…

【AYAがん患者が発信】「がんノート」でがん患者をインタビュー(代表理事・岸田徹さん)

はじめに 15歳から39歳までの思春期と若年成人(Adolescent and Adult)を指すAYA世代。 AYA世代のがん患者には進学、就職、結婚、子育てなど中高年とは違った課題が存在する。 AYA世代の悩みや生き方のヒントなどをインターネット生配信している、NPO法人「…

【がん患者どう生きる】「病気だからできない」をなくしたい。(がん罹患後の作業療法)

はじめに オンライン写真展を運営する、木口マリさん。 「がんフォト*ガンストーリー」を立ち上げた写真家・ライターさん。 ブログ「ハッピーな療養生活のススメ」なども執筆中。 「病気だからできない」をなくしたい 2013年子宮頸がんの手術。 その後、201…