生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

がんの作業療法

【がん患者会】

がん患者会が伝える④ がん患者会が伝える⑤

【がん患者会】がんフォト*がんストーリーの紹介。

がん患者会が伝える③ HOME | ganphoto

【がん患者会】幼少期の治療を記録する。大人になってからの2次がんリスクに備える。

がん患者会が伝える②

【がん患者会】患者会だからこそ「伝えられる」ことがある。

公益財団法人正力厚生会 がん患者団体助成 あけぼのハウス あけぼのハウス <あけぼのハウス>って、どんなとこ! 【参加者からの声】 今、全国あちこちで「あけぼのハウス」が開催されています。 乳がん体験者の振り返り基礎調査 がん患者会が伝える① 公益…

がん「つながりが生きる力に」。社会とつながることが明日を生きる力になる。西口洋平さん。

患者同士の交流だけでなく、患者自身が仕事や活動に参加し、積極的に社会とつながることが、明日を生きる力になるのではないでしょうか。 キャンサーペアレンツ西口洋平さん 子供を持つがん患者のための団体「キャンサーペアレンツ(CP)」の創設者で代表…

男性がん患者、闘病の副作用。外見の悩みにヒント。国立がん研究センター中央病院

男性用ウィッグ 肌ケア アピアランスについてのケアカタログ。 男性がん患者の闘病について www.ncc.go.jp 男性向けのアピアランス(外見)ケアガイドブックです。 アピアランスケアについての情報が少ない男性患者さんに向けた内容ですが、女性の患者さんが…

がん患者会。不安のさなか「生き方の柱」を創る作業。

がん患者会

新型コロナウィルスを心配するがん患者に対応するために。

医師によるオンライン相談 がん患者コロナウィルスによる心配

有益な医療情報・がん情報を選ぶための知識とは。一考察。

マインズガイドラインセンター 国立がん研究センター がん情報サービス がん情報サイト 厚生労働省 先進医療に関するページ はじめに 先進医療とは 「先進医療に係る費用」については全額自己負担 例 先進医療を受けるときは 説明を受けて納得の上で同意書署…

がん治療と必要なお金についての考察。いったいどうすればよいのか。仕事をやめてはいけない。

がん治療の自己負担金 治療費と治療外費用について 治療経過ごとの費用の違い お金の相談先

【骨髄ドナー】木下ほうかさんインタビュー

骨髄ドナーが減少している Vol.30 木下ほうかさん 7月からACジャパンによる骨髄バンク支援キャンペーンの新CMが始まりました。 キャッチ・コピーは「僕が 卒業しても、」。 出演は俳優・木下ほうかさん。2009年に骨髄バンクを介して骨髄提供しました。 これ…

がん治療とお金の話。がんの知識もお金の知識もどちらも大切。学習が必要です。

がん治療とお金 がん治療とお金②

【アフラック】がん遺児と小児がん経験者の奨学生を募集している話。

がん遺児と小児がん経験者の奨学生のぼしゅうについて がん遺児と小児がん経験者の奨学生のぼしゅうについて アフラック小児がん経験者・がん遺児奨学金制度とは? 小児がんを経験した子どもや親をがんで亡くした子どものための、 返還不要の奨学金制度 奨学…

がん罹患後にかかるお金の話。

固定費減と公的支援活用 固定費減と公的支援活用 収入減と支出増 サイトのご紹介と目的 サービス開始の背景 貯金を再評価 ■がん遺伝情報、創薬に活用 がん罹患後にかかるお金の話 医療が進歩し、がん患者の生存率は向上している。がんが増える60歳過ぎまで…

生殖医療外来

生殖医療外来 がん・生殖医療外来 がん治療と妊娠について トップ > がん治療と妊娠について 「がん治療で将来子供ができなくなる?」 このような不安があり通院・治療を受けていらっしゃる皆さんを対象に、成育医療科・女性科の専門医が、「がん治療による…

がんに負けるな。伊藤忠商事社長のメッセージ。

がんに負けるな がんに負けるな 「がんに負けるな」伊藤忠商事株式会社のがんとの両立支援の取組 がんとの両立支援の主な施策 治療と仕事の両立支援を確立する企業 ◆家族のつもりで ◆がんアライ部 【用語解説】がん対策基本法 がんに負けるな 「がんに負ける…

がんと仕事の両立支援。企業から広げるがん対策。

がんと仕事の両立支援 国が平成21年にスタートさせた事業「がん対策推進企業アクション」の参加企業・団体が今年の夏、3千社を超えた。参加社は、がん検診を促して治療と就労を両立させるための資料や先進事例などの情報の提供が無料で受けられる。ただ、…

働く世代のがん治療。仕事との両立が重要。(復職支援の充実も)

働く世代のがん(復職支援の重要性) 復職支援の重要性 復職条件アンケート がんと仕事の両立(働きながら治療)

がん患者の就労継続を支援する手引書。意見書の書き方。

就労継続手引書 がん患者の就労継続及び職場復帰に資する研究 | がん対策情報センター https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/pdf/ryoritsushien_vol1.pdf#search='%E3%81%8C%E3%82%93%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95%…

仕事と治療の継続について

がんとお金のこと

働き盛りでのがん治療

働き盛りのがん 女優の川島なお美さんやフリーアナウンサーの黒木奈々さんら働き盛りの世代の著名人が相次いでがんで命を落としている。今や「2人に1人ががんになる」とされ、外来治療を受けながら働き続ける人もいる。専門家は「早期発見で治るがんもある…

【がんと仕事】治療と仕事を両立したい。模索を続ける。

がんと就労1 がんと就労2 やりがい求め復職。 「がん患者10か条」 人生は死ぬまで何かの役に立つものと心得る。 筋金入り癌患者の陽子流定義 ① 自分が弱い人間であることを受け入れる。 ② 癌の再発、再再発、転移、度重なる発症に惑わされない。 ③ 余命は…

がん治療研究を支援しよう。(産経新聞より)

がん研究支援(産経新聞より) 「みんなの力で、がんを治せる病気にする」をスローガンに、がんを意味する英語「CANCER(キャンサー)」の頭文字Cを名称から削った商品などを企業が販売し、売り上げの一部をがんの治療研究に充てる活動が行われている…

がん患者の仕事と治療の両立。会社内でピアサポート実践。

がん治療と仕事の両立に、多くの企業が取り組んでいる。特に、がんと関わりの深い企業の取り組みは熱心だ。4月からは、がん治療をする主治医が産業医などと連携し、両立を視野に治療計画を作ると診療報酬もつくようになった。ますます、きめ細かい取り組み…

【がん哲学外来】患者が尊厳を持てる社会に。がん哲学外来へようこそ (樋野興夫さん)

2人に1人ががんになる時代。 心のよりどころが求められている。 「臨床の現場は、患者に病状や治療方法を説明するので手いっぱい。 一方、患者側はどのようにがんと向き合いながら生きていけばいいのか分からない。対話を通じて現場と患者の間にある『隙間』…

【がん患者を支える】生きるは作業のつみかさね

がん患者を支える①(医療ルネサンス) 乳がん経験者が、人形劇で思い伝える。 がん患者を支える② AYA世代 がん患者を支える③ がんサロンネットワーク熊本 手記「がんとともに生きる」作成。 がん教育の授業で活用される。 がん患者を支える④ 患者支援団体「…

【がんの再発】不安に押しつぶされそうになっても、希望を失わず、病に向き合う人々。

医療ルネサンス 再びがんに 「がんとの付き合いも、やっと終わると楽しみにしていたのに、なぜ?」 抗がん剤の副作用が想像を絶した。 電車に乗る際、他者の自死を目撃した。 「自分は生きている。治療を受けられる」と思えるようになった。 吹っ切れた。 再…

がん患者向けSNSがある。日本対がん協会「サバイバーネット」の紹介

www.jcancer.jp サバイバーネットの紹介 www.gsclub.jp サバイバーネット

よりよく生きるために、集い、話、仕事する。

脊髄損傷から起業して1年 子宮・卵巣がん患者会 ALSとともに生きる板橋さん

どう生きるかを最優先。ジャーナリスト竹田圭吾さん。(産経新聞より)

ジャーナリストの竹田圭吾さんが今年1月10日、51歳の若さで膵臓(すいぞう)がんのためこの世を去った。亡くなる1週間前まで番組に出演し、仕事にこだわり続けた。2年半の闘病生活を支えた妻の裕子さん(52)は、最期の瞬間まで夫を見守った。 すい…