生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

がんの作業療法

がん闘病。緩和ケア医師の闘病記の紹介。

がんになった緩和ケア医が語る「残り2年の生き方・考え方」 緩和ケア医ががんになって がんを生きる緩和ケア医が答える命の質問 がんで不安なあなたに読んでほしい 緩和ケア医師の闘病記 がんになった緩和ケア医が語る「残り2年の生き方・考え方」 関本剛さ…

矢方美紀さん。#乳がんダイアリ―

[:contents] #乳がんダイアリ― いま、日本人女性の9人に1人が生涯のうちに乳がんを経験すると言われます。 元SKE48メンバーのタレント、矢方美紀さんもその1人。 ステージⅡBと診断され、2018年4月、左乳房全摘出とリンパ節切除の手術を受けました。信…

人工乳房・ウィッグなど。がん治療に必要な「アピアランス」についての考察。

化粧雑貨メーカー「SHO-BI」 人口乳房 レリエンスメディケア 化粧雑貨メーカー「SHO-BI」 粧美堂 www.shobido-corp.co.jp style.nikkei.com 人口乳房 レリエンスメディケア ladysrelience.com mainichi.jp style.nikkei.com this.kiji.is this.kiji.is

がん治療における緩和ケアについて。

死亡前の1カ月間に痛みや吐き気、呼吸困難などの苦痛を抱えるがん患者が4割に上ることが、国立がん研究センターの調査で分かった。 人生の最終章を苦痛なく送ることは患者の強い願いである。緩和ケアが行き届いていないことを関係者は重く受け止めるべきだ…

がん患者に対応するアプリ。見えない副作用を可視化することが望まれる。

化学療法を行うがん患者の副作用には、検査で見えるものと見えないものがある。 主観的な苦痛である“見えない副作用”は、家族や同僚に気づかれにくい上に、医師に伝えることも難しい そこで重視するべきなのが、患者が直接病気や症状を報告するPRO(Patient …

がん患者の治療は「見た目」が大切。髪・肌・爪などのケアについても考えよう。

忘れてはいけない「外見のケア」 忘れてはいけない「外見のケア」 高齢者やがん患者の外見支援を提供してきたNPOでの経験から、欧米やアジアの事例や取り組みなども紹介しながら、コンビニの5倍にあたる全国25万軒の「美容室」という社会インフラの価値と、…

「がん5年生存率」の読み解き方を考える。患者数・年齢に注意して考えよう。

がんと診断された患者が5年後にどれぐらい生存しているのか。 「生存率報告書全文」 個別の事情影響 病期ごとの「平均年齢」も注目したい。 「最新」反映できず 3年生存率も活用 治療法の効果を早期把握 style.nikkei.com がんと診断された患者が5年後にどれ…

がん経験者が考える。負担軽減、症状に合わせたレシピ集の紹介。

冷凍食品や市販の総菜活用 がん患者が考える食事レシピ 冷凍食品や市販の総菜活用 がんとともに生きる人が増える中、「がん研究振興財団」(東京都中央区)は、がん経験者ら向けレシピ集を作成した。冷凍食品などを上手に活用して日々の食事づくりを楽にし、…

がんの民間療法について。延命の効果はないようだ。

がんの民間療法について がんの民間療法について 民間療法には科学的エビデンスはもちろんであるが、延命に関する効果はない。 これは、大切な情報であろう。 toyokeizai.net

がん治療の副作用。口内炎についてのケア。

ソレイジア・ファーマ 口内炎対策について ソレイジア・ファーマ ソレイジア・ファーマは抗がん剤治療の副作用である口内炎に刺激を与えないようにする液体「エピシル口腔用液」を開発した。口の中に膜をつくり、舌や食べ物が口内炎に触れた際の刺激を抑える…

ガンと闘いフットサル選手を続ける男の矜持。東洋経済オンラインより。

www.bellmare.co.jp http://www.bellmare.co.jp/wp-content/uploads/2019/03/%E4%B9%85%E5%85%89%E5%BF%9C%E6%8Fhttp://www.bellmare.co.jp/%B4%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8F%E3%82%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%991.jpg www.bellmare.co.jp toyokeiz…

それでも、私が末期がんの夫を自宅で看取る道を選んだ理由   ツレヅレハナコさんインタビュー

末期がんでもできる作業・したい作業 bunshun.jp

末期がん患者が言い切った!「最も嫌なのは同情と労い」 捨てられない生への執着。石弘光さん。

石弘光 石弘光(いし・ひろみつ)1937年東京に生まれ。一橋大学経済学部卒業。同大学院を経てその後、一橋大学及び放送大学の学長を務める。元政府税制会会長。現在、一橋大学名誉教授。専門は財政学、経済学博士。専門書以外として、『癌を追って』(中公新…

『あのひとががんになったら』 桜井なおみ著

『あのひとががんになったら』 桜井なおみ著 『あのひとががんになったら』 桜井なおみ著 がんになる可能性は誰にもある。家族や友人など身近な人が、もしくは自分ががんになったら……。突然の診断に本人も周囲も悩み、戸惑うのは当たり前だ。 著者は37歳で…

「治療をきちんとしても、再発や死は起こりうる」「治療をきちんとしても、再発や死は起こりうる」患者が訴える現状。

三輪晴美さん 治療の副作用で骨が折れた 三輪晴美さん 治療の副作用で骨が折れた 「昨年末、足の骨を折りました。駅の構内を歩いていたらガクッときて倒れ、そのまま救急車で運ばれました。大腿骨が折れており、常に激痛であるわけではないけれど、まったく…

連載「書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者」難治がん指摘から2年9カ月…「死ぬ死ぬ詐欺」を考える。

野上佑(のがみ ゆう)さん 野上佑(のがみ ゆう)さん // リンク dot.asahi.com

がん闘病経験をもとに、高校生への命の授業を行った件。

総合科目「人間と社会」 高校生の胸に響いた言葉 総合科目「人間と社会」 「病気になったからできることとか、叶えたい夢が出てくると思う。ポジティブに前向きに、プラスの言葉を発することでやる気にもなるし、その通りになるんじゃないかと思います。僕は…

AYA世代のがん治療。矢方美紀さん「治療のこれまでとこれから」、まりかさん「患者の日常発信していきたい」

矢方美紀さん #乳がんダイアリー まりか(Marica)さん 矢方美紀さん bunshun.jp #乳がんダイアリー www.nhk.or.jp まりか(Marica)さん mainichi.jp

がん患者の「キレイ」を支援すること。アピアランスケアの紹介と考察。

アピアランスについて アピアランスケアの方法 Point:治療によって症状はさまざま、まずは医療者に相談しよう。 具体的なアピアランスケアの方法について説明していきます。ほとんどの場合、特別な製品を使ってケアする必要はなく、日常の生活通りか、ある…

4度のがんを“武器”に起業した女性 訪問看護で患者に寄り添う

www.nishinippon.co.jp 厚生労働省 がん治療による症状で困ったときの職場での対応ヒント集 https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/pdf/kanjamuke_v1.pdf 私のメモ帳 https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/pdf/watashinomemo_v1.…

働き盛りの女性のがん 時短や在宅勤務、企業も支援

がんをどう職場に伝えるか考える テルモ、過剰な気遣いなく自然に受け入れ アフラック、「シフト勤務」や「療養短時間勤務」 がんをどう職場に伝えるか考える 働く人が、がんと診断された場合、職場に伝えるかどうか悩むことも多い。 国立がん研究センターの…

じっとしているのは私らしくない  "がん"と診断されても私が働き続ける理由

抗がん剤を受けずに、仕事をするという選択 どんなときでも、自分らしくありたい! 日頃の人間関係を、良好にすることの大切さ 抗がん剤を受けずに、仕事をするという選択 実はJさんは40代前半に、初期の乳がんを発症している。最初に診察を受けた病院では、…

「ステージ4」からのハローワーク。

「麻央さんとは違う」 車椅子シングルマザーが在宅でがん治療をするという現実 会社からは「治る見込みのない人は雇えない」と解雇された ママの退院を待ちわびた息子と介護ベッドで添い寝した 4〜5人が交互に訪問してくる日常に息子は家を飛び出した 途絶えた収…

末期がんでも働くこと。生きることは働くこと。

医療者と職場の担当者にある認識のズレ 働き方を考えるために必要な医学的状況を医療者に聞く 配慮してほしいことは患者本人から伝えよう 働く意欲、能力のある人を辞めさせたくない がんと仕事の両立が当たり前の社会に 医療者と職場の担当者にある認識のズ…

がんと共に働く。本人の意欲・企業の理解・社会の制度。がん治療と仕事を両立するために必要なこととは②

がん患者の3人に1人が離職 がんになっても働き続けたい ~ 桜井なおみさん がんと離職の問題は随分前からあったはずです。 けれども、「働き続けられないのは、自分が努力できなかったから」 「会社が悪い」と個人や会社のせいにしてきたのだと思います。 個…

がんと共に働く。本人の意欲・企業の理解・社会の制度。がん治療と仕事を両立するために必要なこととは。

がんになっても仕事は辞めないで 治療と仕事を両立する上で困難だったこと 一番大きな問題は、医療費の高さや収入減少などの経済面 官民で広がる支援 情報発信や雇用奨励金 一般社団法人のグループ・ネクサス・ジャパン CSRプロジェクト がんになっても仕事…

【若年性乳がん】悩みを共有するための「おしゃべり会」。(恋愛・結婚・妊娠・出産・仕事など)

若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring ミッション ビジョン 若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring ミッション 若年性乳がん体験者が診断後から生涯にかけて、がんを価値ある体験に変えて生きられるための情報発信、コミュニテ…

がん専門相談施設「マギーズ東京」の紹介。理想のケアを考える。

必要なときに立ち寄れる第2の我が家 がんに影響を受けるすべての人が、自分の力を取り戻せるように。 必要なときに立ち寄れる第2の我が家 イギリスにある「マギーズキャンサーケアリングセンター」のことを知りました。 マギーズセンターは、がんに直面して…

【がんと作業療法】患者の困難を支える医療への推進。何が求められているか考える。

コロナ禍「重症化の不安」について 静岡県立静岡がんセンター ・抗がん剤の副作用の悩み ・就労の問題 ・がん治療に伴う痛み 支持療法 情報処方 がん患者の孤立 がん相談支援センター 1.全国に設置された、がんの相談窓口 2.どなたでも無料で利用できま…

【がん患者会】

がん患者会が伝える④ がん患者会が伝える⑤