生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

2020-02-09から1日間の記事一覧

【がん患者外見の悩み】化粧やアロマでつらさや悲しみ癒す力に。作業療法のススメ。

がん患者が、抗がん剤治療や放射線治療による「外見上の変化」に悩むことは少なくない。 脱毛や皮膚の変色により、閉じこもりがちになり生活の質が低下してしまうことが多いようだ。 いかに快適に、生活の質を上げ生きていけるように援助すべきなのか。 「化…

【がん患者外見の悩み】がん治療による脱毛や皮膚変色の悩み。国立がん研究センター中央病院の「アピアランス支援センター」で相談できる。

脱毛や皮膚の変色などの抗がん剤治療、放射線治療の副作用による外見の変化に悩んでいる患者は少なくない。 こうした外見の悩みに対応する「アピアランス支援センター」を以下に記載する。 アピアランス支援センター 具体的情報発信 男性用アピアランス冊子…

【AYA女性がん患者】レディースセンターが開設されている。国立がん研究センター東病院。

国立がん研究センター東病院 レディースセンター

【うつ病】血液検査で重症度の診断が可能。(九州大学)

うつ病における症状(罪悪感や自殺念慮(死にたい気持ち))の重症度に関連する血中代謝物を特定した。 九州大学などの研究チームが国際科学誌に発表した。 以下にまとめる。 研究方法 結果 研究方法 九州大学病院や大阪大学医学部附属病院などのうつ病患者…