生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

クラフトビールでALSを支援する。よなよなエール。

よなよな for ALSとは For ALS(よなよなエール) よなよな for ALSとは 私たちは「クラフトビールを通してささやかな幸せをお届けする」ことをミッション(使命)に掲げているクラフトビールメーカーです。 そのミッション実現のために、美味しいビールづく…

「いのちの花、希望のうた」を出版した兄弟。筋ジストロフィーと生きて想うこと。

風にたなびく桜の花がきっかけをくれた いのちの花、希望のうた 風にたなびく桜の花がきっかけをくれた 健一さんが、生きがいを探し始めたのは21年前、生活の場を両親や妹、弟の航さんと暮らす自宅から病院に移したことがきっかけだ。 「病院にいると、僕よ…

ALS闘病、惑星研究の阿部豊・東大准教授

惑星と生命の研究を続けた 惑星と生命の研究を続けた mainichi.jp

難病と難聴を抱える。孤独ではないことをわかってもらうように支援する。

なんでの会 なんでの会 なんでの会 「なんでの会」とは、原因不明の病気(難病)で聞こえにくくなった人が、聞こえにくい不便さを極力排除して、隣に座って一緒に考えていくピアの会。 ピアとは同じような経験を持った仲間のことです。「そうそう」「あるあ…

生きる作業は「短歌を詠む」こと。関節リウマチの悩みを五七五で表現する。

Good DAY関節リウマチ俳句コンテスト 俳句療法(作業療法) 詠んで生きる Good DAY関節リウマチ俳句コンテスト 俳句療法(作業療法)

生きる作業は「短歌を詠む」こと。短歌で表現して認められてつながる。

訪問短歌会 詠んで生きる 訪問短歌会 高齢者には生きる意欲や目標が大切だと痛感している。 「短歌で自分を表現し、人に認められる。互いの歌を詠んで話し合うのも楽しい。短歌会が待ちどおしいと言われると、幸せを感じてもらうお手伝いができたと嬉しくな…

生きる作業は「短歌を詠む」こと。高齢者と介護者の思い。

老いて歌おう 心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会 高齢者と介護者の思い 老いて歌おう 心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会

生きる作業は「短歌を詠む」こと。難病を抱える女性の挑戦。延命よりも人生の満足度を求めて詠む。

短歌を生きがいに生きる作業② 髄膜炎による脊髄損傷 虹の生まれるところ 病気の理不尽さに驚き、苦しみながらも、短歌と祈りによって、心の健やかさを取り戻す道筋が読み取れる。 // リンク 新型孤独ウィルス 「コロナとは孤独の病と見つけたり誰にも会えず…

生きる作業は「短歌を詠む」こと。自分のしたいことがある事は幸いだ。

聖書のヨハネによる福音書の冒頭 療養短歌 短歌を生きがいに生きる作業 聖書のヨハネによる福音書の冒頭 「はじめに言葉(ロゴス)ありき」 療養短歌 多くは結核やハンセン病の患者によるものが多い。

高齢者のうつ病に気が付くことは難しい。認知症との鑑別診断が大切な件。

高齢者のうつ病に注意。気が付きにくい!

ALSと生きる。希望を持てない人たちに向けて、生き抜く思い届ける。

こころの変容 死を望んでも人は変われる ALSと生きる こころの変容 診断時の絶望。 胃ろうの増設。 人工呼吸器装着決断時の苦悩。 怒りの感情が収まらなくなるALSの症状「情動制止困難」のつらさ。 死を望んでも人は変われる Smile and Hope hp.kaipoke.biz

難病カフェで暮らしのヒントを 患者・家族が情報交換

「近くの病院には断られ、主治医は隣県にいる。緊急時が不安だ」 患者が外に出る機会つくる 若い患者が相談しやすい場を 難病の患者や家族らが集まり、お茶を飲みながら悩みなどを語り合う「難病カフェ」が、全国に広がりつつある。同じ病気の患者が身近にい…

「高齢・障害者でも楽しめる旅行を」 難病患者2人が大阪に会社設立、お花見会も企画  産経新聞より

学会で意気投合 企業が希望へと 自ら入念に下見 神経系の指定難病と闘う患者2人が、大阪市内に旅行会社「櫻スタートラベル」を立ち上げた。 入退院を繰り返し、将来への不安を抱えながら私費を投じてまで起業したのは、「何とか社会とつながっていたいから…

若年性認知症について知る。

はじめに 65歳未満で発症する若年性認知症 4万人近くいると言われています、 全国では もっと多くの人が、その家族である配偶者や子どもを含めれば 不安の中にいることになります 若年性認知症ハンドブック 「平成24年度に作成した そのような人たちに安心し…

認知症だからこそ、居場所・役割・会う人が大切だ。

これは将来の自分だ 「やっぱり働かないと」 これは将来の自分だ 「自分の中で大きな転機となったのは、認知症の人を診ているうちに『これは将来の自分だ』と痛切に思うようになったこと。 介護する家族が大変なのは理解しているが、あらためて認知症をその…

化粧やスキンケアに介護予防の効果が期待できる。人間らしく生きるための作業療法といえる。

mainichigahakken.net 認知症予防。作業療法について。

がん患者に対する外見のケア。アピアランスケアについて知る。

ファンケル アデランス 資生堂「パーフェクトカバー」 がんアピアランス① ファンケル 【アピアランスケアの重要性】抗がん剤の治療において、頭髪や体毛の抜け落ちや、お顔のむくみやお肌のくすみ、爪の黒ずみなど、アピアランス(外見)の変化を気にされて…

ヤングケアラーについて知る。自治体によっては社会全体で支援しようとする条例が制定された。地域差があってよいのか?

当事者を支えるために必要なこと ヤングケアラー① 当事者を支えるために必要なこと 1)子供たちが頑張っていることを認める。 2)「こういう道もあるよね」と一緒に伴走してあげる。 3)上記のような制度が必要。 ヤングケアラー② ヤングケアラー③ ヤング…

ヤングケアラーについて知ろう。問題の存在を知らず、認識がない大人が多いことも課題。

悩みを明かすことができない ひとり親家庭が増加していることが背景にありそうだ 小学校4年生が生まれたばかりの弟の世話 ヤングケアラーの主な類型 ヤングケアラー1 悩みを明かすことができない 孤立が深まりやすい。 環境や状況を受け入れてしまいがち。 …

【認知症】要介護でも地域で必要とされる、働く、役割がある。これが作業療法だと思う。

認知症でも地域で働く・役割がある youyoulife.jp

2021年の新年の抱負。今年やりたいこと、なりたい自分。頑張りたいことのまとめ。

健康管理 運動量の確保(ウォーキング・ジョギング・筋トレ) 運動習慣の確立(マインドフルネス・ヨガに挑戦) 大学院での学び(修士取得を目指して) 短歌を始める トレッキング・山登り 子どもたちとの関わり 健康管理 運動量の確保(ウォーキング・ジョ…

2020年を振り返る。今年も早かったが必死に頑張った年かな。大学院・妻の不倫・別居・離婚調停・コロナ禍など。

2020年を振り返る 大学院に学ぶ(放送大学大学院) 大学院入学試験受験準備(放送大学大学院) コロナ禍 妻の不倫発覚 別居 大学院入学試験 離婚調停 新しい生活(新しい出会い) 2020年を振り返る 2020年。コロナ禍で始まり、コロナ禍で終わり、さらに来年…

現代のもののけ姫Macoさん。障害者の排せつやセックスについても包み隠さず情報発信している。

普通で最高でハッピーなわたし 特別でも何でもない二度目の人生 Macoさんの発信(SNS) 渋谷真子さん 普通で最高でハッピーなわたし 特別でも何でもない二度目の人生 // リンク Macoさんの発信(SNS) www.youtube.com

認知症の人の意思決定を支える、地域や周囲の支援について。

認知症になっても本人が理解できる環境を整える 認知症の人が自分で決定することが大切 認知症の人がどう生きたいのか、を支えるためには地域の理解が大切 認知症① 認知症になっても本人が理解できる環境を整える 治療などの選択肢を選んでもらうために、周…

【認知症】認知症を支える地域行政支援について考える。

認知症の本人が自治体独自条例の策定に関与する 認知症を支える地域行政支援について 認知症の本人が自治体独自条例の策定に関与する www.dementia-friendly-japan.jp

【農福連携】障害者の自立のために就労が必要。相応の収入や働く喜びは生きることだ。

農福連携について 農福連携の事例 アロンアロン 3つのコンセプトをテーマに活動しています 農福連携についての実践 農福連携について 農福連携とは、障害者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取組です。農福連…

ALS患者安楽死事件。安楽死について考える。

安楽死について① 安楽死について②

コロナ禍での飲酒量増加に注意。依存せずにじょうずな気分転換が大切。

コロナ下での依存症に注意

多発性硬化症をテーマにした映画の紹介。「そこからの光 未来の私から私へ」

そこからの光 未来の私から私へ 多発性硬化症 そこからの光 未来の私から私へ https://www.ms-supportnavi.com/content/dam/commercial-jp/neurology/mssupportnavi/portal2/pdf/sokokaranohikari-1008.pdf www.youtube.com

ALSと生きる。

NPO法人「Smile and Hope」 NPO法人Smile and Hopeは、バリアフリーという言葉のない誰にでも平等な社会を目指しています。 理事長 太田守武 太田守武とNPO法人Smile and Hopeの歩み ALSを生きる NPO法人「Smile and Hope」 NPO法人Smile and Hopeは、バ…