生きるは作業のつみかさね

作業をすれば元気になれる!作業療法ノススメ。

末期がんでも働くこと。生きることは働くこと。

医療者と職場の担当者にある認識のズレ 働き方を考えるために必要な医学的状況を医療者に聞く 配慮してほしいことは患者本人から伝えよう 働く意欲、能力のある人を辞めさせたくない がんと仕事の両立が当たり前の社会に 医療者と職場の担当者にある認識のズ…

がんと共に働く。本人の意欲・企業の理解・社会の制度。がん治療と仕事を両立するために必要なこととは②

がん患者の3人に1人が離職 がんになっても働き続けたい ~ 桜井なおみさん がんと離職の問題は随分前からあったはずです。 けれども、「働き続けられないのは、自分が努力できなかったから」 「会社が悪い」と個人や会社のせいにしてきたのだと思います。 個…

がんと共に働く。本人の意欲・企業の理解・社会の制度。がん治療と仕事を両立するために必要なこととは。

がんになっても仕事は辞めないで 治療と仕事を両立する上で困難だったこと 一番大きな問題は、医療費の高さや収入減少などの経済面 官民で広がる支援 情報発信や雇用奨励金 一般社団法人のグループ・ネクサス・ジャパン CSRプロジェクト がんになっても仕事…

【若年性乳がん】悩みを共有するための「おしゃべり会」。(恋愛・結婚・妊娠・出産・仕事など)

若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring ミッション ビジョン 若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring ミッション 若年性乳がん体験者が診断後から生涯にかけて、がんを価値ある体験に変えて生きられるための情報発信、コミュニテ…

がん専門相談施設「マギーズ東京」の紹介。理想のケアを考える。

必要なときに立ち寄れる第2の我が家 がんに影響を受けるすべての人が、自分の力を取り戻せるように。 必要なときに立ち寄れる第2の我が家 イギリスにある「マギーズキャンサーケアリングセンター」のことを知りました。 マギーズセンターは、がんに直面して…

「不健康でもいい」と唱える医師もいる。健康第一主義の息苦しさへの考察。

健康至上主義の怖さ 健康に良いとされる「迷信」 無視できない文化や習慣 喫煙の害を最初に報告したのはナチスドイツの研究者であった 健康至上主義は新興宗教に似ている 人は健康のために生きるのではなく、生きるために健康であるべき 「健康になれ」人生…

【がんと作業療法】患者の困難を支える医療への推進。何が求められているか考える。

コロナ禍「重症化の不安」について 静岡県立静岡がんセンター ・抗がん剤の副作用の悩み ・就労の問題 ・がん治療に伴う痛み 支持療法 情報処方 がん患者の孤立 がん相談支援センター 1.全国に設置された、がんの相談窓口 2.どなたでも無料で利用できま…